経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

第42回  「成功は99パーセントの失敗に支えられた1パーセントだ。」本田技研工業 元社長 本田宗一郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホンダは今年、自動車レースの最高峰F1にエンジンサプライヤーとして復帰した。エンジンの供給先はイギリスのマクラーレン。かつてホンダと組んで何度も年間チャンピオンを獲得した名門チームだ。

 1988年には年間16戦中15勝という圧倒的な強さを見せたこともある「マクラーレン・ホンダ」の復活にF1ファンならずとも期待が高まったのだが……。

 シーズンが始まると苦戦の連続。7年のブランクからいきなりの優勝は難しいにしても、入賞もままならない状態が続いている。

 現在のF1ではターボエンジンとエネルギー回生システムを組み合わせたハイブリッドシステム(F1ではパワーユニットと呼ぶ)の使用が義務付けられている。

 ハイブリッドシステムといえばホンダの得意分野のはずだが、エネルギー回生システムに予想以上に手こずっているようだ。やはり、レース用となると別次元ということだろうか。加えて、シーズン中の大幅な改良を許さない現在のF1のルールも足枷になっている。

 しかし、「成功は99パーセントの失敗に支えられた1パーセント」。今年、失敗を積み重ねてきたホンダが、再びかつての強さを見せてくれる日がきっと来るに違いない。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら