経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「『独自の製品』の行くところ、貿易摩擦など無縁である。」村田製作所 創業者 村田昭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村田氏は、1921年、京都府京都市生まれ。京都市立第一商業学校(現・京都市立西京高等学校)を病気で中退したことから、家業の陶器店を手伝うことに。特殊陶器、精密特殊磁器の製品化で事業を拡大し、1944年に村田製作所を創業した。

1950年、京都大学の田中哲郎氏の協力を得て、酸化チタンコンデンサの開発に成功。その後、セラミック半導体、通信機用フィルタを次々に開発し、同社をチタンコンデンサの主力メーカーに育て上げた。

1960年代には他に先駆け、米ゼネラル・モーターズから受注するなど、海外へ進出。1973年には日本の電子部品メーカーで初めて、アメリカ合衆国内に工場を設けた。

掲出は、「同業者の仕事を奪うな」との父の教えを守り抜いたことを振り返っての発言。

独自の製品であれば、同業者の仕事を奪うこともないし、価格競争にさらされることもない。当然、貿易摩擦も起こらない。他社と比較してあくせくするより、自社にしか歩めない道を歩めば、それが強みとなり、誇りとなっていく。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら