経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「モノは作るだけでは売れない。 メーカーは、マーケティングが前輪、研究開発力が後輪の前輪駆動車たるべし。」東洋レーヨン(現・東レ) 元社長・元会長 伊藤昌寿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤氏は、1925年生まれ。1948年、京都大学を卒業後、東洋レーヨン(現・東レ)に入社。ナイロン原料の光合成法を開発するなど技術畑を進み、開発研究所所長、常務などを経て、1981年、社長に就任した。

同社にて果たした功績は大きく、炭素繊維、インターフェロンなどの開発に力を入れることで、繊維メーカーから総合化学メーカーへと成長させた。

掲出は、社長として1985年に発したもの。この言葉には、技術者の思い入れが先行し、マーケティングを軽視しがちなメーカーが多い中、新規事業における販路開拓の重要性を改めて認識して欲しいという思いが込められている。

新しい技術や、それを利用した新製品が我々の生活を便利に、豊かにすることは多い。しかし、技術者のこだわりなのか、いろいろな機能やスイッチがついて、使いにくいものになることも多い。消費者にとっての最大関心事は、どんな新技術が使われているかよりも、それによって何ができるようになるのかだ。そのような消費者の視点を忘れたら、どんなに技術として画期的な商品であっても、歴史の中に埋もれていくことになる。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら