経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「いくら苦しい局面に立っても、恩義を忘れたらいかん。そこを外したら信用も何もない。」伊藤忠商事 元社長・元会長 越後正一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

越後氏は、1901年、滋賀県愛知郡葉枝見村(現・彦根市)生まれ。伊藤忠商事の創業者である2代目伊藤忠兵衛の家に書生として入り、八幡商業学校(現・滋賀県立八幡商業高等学校)に通う。1924年に神戸高等商業学校(現・神戸大学)を卒業、伊藤忠商事に入社した。

入社後、数々の大相場を手中にする中、特に繊維相場で大きな利益を出したことから「繊維相場の神様」と呼ばれた。1960年に社長に就任してからは「総合化と国際化」を掲げて、非繊維部門の充実と海外進出を進め、同社の発展に寄与した。

掲出は、住友銀行への恩義を語った言葉。社長就任間もない頃、不況に直面して苦境に陥った時、住友銀行頭取の堀田庄三氏が融資を決断してくれた。越後氏はこれを恩と心得、安宅産業との合併話が持ち上がった時、社内の反対意見を押し切って、住友銀行の意向を受け入れたという。

苦しい時に助けてくれた人のことは忘れられないものだ。だからこそ、逆に相手が苦境に陥った時には助けてあげたいと思うのが人情だ。しかしもしその時に、自分自身も苦しい状況にあったら……。それでも恩義を返すことができたら、大きな信用を得られるのは間違いない。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら