経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「最初から和尚はない。ふき掃除から洗濯まで、小僧の苦労を重ねてこそ大和尚になれる。」小田急電鉄 元社長 安藤楢六

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安藤氏は、1900年、大分県別府市生まれ。実家は醤油醸造を営む裕福な家庭で、父親は家業のかたわら、豊後電気鉄道の創業に関わり、豊後銀行頭取や大分県会議員も務めた。安藤氏は、母親が亡くなったため生後3日で里子に出され、小学校入学前に実家に戻るまで、漁師の家で育てられた。また中学校時代に近所の酒造家へ養子に出されている。

東京帝国大学で独法を学び、卒業前に高等文官試験を受験し失敗。叔父の伝手で実業家・利光鶴松のもとを訪ねた縁から、小田急に入社した。用地買収係として働いた後、監査課長、総務課長、総務部長などを務めた。1942年、小田急が東京横浜電鉄、京浜電気鉄道と合併して東京急行電鉄となったため、安藤氏も東急勤務に。人事部長などを経て、1946年に取締役に就任した。

1948年には小田急を分離独立させて、初代社長に。傘下の箱根登山鉄道・箱根湯本駅への小田急の直通運転に取り組んだほか、箱根・江ノ島の観光開発や百貨店事業への進出にも注力した。

掲出は、1961年に小田急百貨店を出店し、独力で百貨店事業に乗り出した時に語ったもの。少年時代、実両親の元を離れ、厳しい環境で育った安藤氏ならではの言葉だ。

会社員は異動や昇進などで環境がガラリと変わることが多い。その際、思わぬ失敗をすることもあるかも知れない。しかしその都度初心に戻り、自分のできることを日々コツコツと積み重ねていくことで、やがて大きな存在へとなっていくものだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら