経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「上から与えられるのでは駄目だ。 若い人達が自分達で獲得するものではなくては、エネルギーは出ない。 労使関係は信頼関係によって成り立つもので、それは労使交渉を通じて労使双方が真剣に切磋琢磨することから生まれる。」湯浅電池(現・ジーエス・ユアサコーポレーション) 元会長 湯浅佑一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

湯浅氏は、1906年、京都生まれ。1930年、京都帝国大学(現・京都大学)を中退し、父親の経営する金物問屋、湯浅七左衛門商店(現・ユアサ商事)に入社。1950年に社長、1983年に会長に就任した。

系列の湯浅電池(現・ジーエス・ユアサ コーポレーション)の経営にも携わり、1945年に社長、1986年に会長に。封建的商家を改革し湯浅グループを育てた。その他、関西経済同友会の初代代表幹事、関西経済連合会副会長も務めた。

掲出は、1945年にGHQから労組結成を要求され、役員、従業員の全員投票で労組結成を決めた際、湯浅氏が語った言葉だ。

労組に限ったことではなく、たとえ良いモノや制度であっても、他人主導のお仕着せで手に入れたとあっては、それに対して誠実な姿勢や熱意は湧いてこない。企業組織においては、まず社員自らが望むものを主張できるような社風であるかどうかも重要だ。

お気に入りに登録

経営者のあの一言

一覧を見る

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら