経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「人は能力以上に働かなければならない。人間尊重とは、ヘビー労働をかけ、その人の創造性を高めることだ。」東芝 元社長 土光敏夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土光氏は、1896年、岡山県御野郡大野村(現・岡山市北区)生まれ。東京高等工業学校(現・東京工業大学)機械科を卒業後、東京石川島造船所(現・IHI)に入社。

1936年に芝浦製作所(現・東芝)と共同出資で石川島芝浦タービン(現・IHIシバウラ)が設立されると技術部長として出向。1946年には社長に就任した。主力工場を再建するため、資金繰りにも奔走し、銀行や当時の通商産業省へ連日のように通い詰めた。

そうした手腕を買われ、1950年、業績悪化で経営不振に陥っていた本社である石川島重工業に社長として復帰。徹底した合理化で再建に成功した土光氏は、1965年、今度は東京芝浦電気(現・東芝)に社長として招かれ、やはり経営が悪化していた同社の再建に取り組むことになる。

1974年には経団連会長に就任。1981年には第二次臨時行政調査会長に就任、行政改革の推進に注力した。

掲出は東芝社長時代に人の育て方について語った言葉。石川島芝浦タービンの社長時代には、その猛烈な働きぶりから「土光タービン」とも呼ばれ、東芝の社長時代には「社員は3倍働け、重役は10倍働け」と檄を飛ばした土光氏らしい言葉だ。

部下を育てるためには時には負荷をかけることも必要だろう。もちろん、サポートも忘れてはならないが、それを乗り切れば部下には大きな自信が付くはずだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら