経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「一番のモットーは他の人が既にやってしまったことはやらないこと。人真似、猿真似はやめよと言いたい。」ソニー 創業者 井深大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

井深氏は、1908年、栃木県上都賀郡日光町(現・日光市)生まれ。早稲田大学理工学部を卒業後、東京芝浦電気(現・東芝)の入社試験を受けるが不合格に。その後、写真化学研究所、日本光音工業を経て、日本測定器の常務に就任した。

軍官民合同の科学技術の委員を委嘱された縁で、海軍技術中尉だった盛田昭夫氏と出会う。
敗戦から2ヶ月後に個人企業東京通信研究所を立ち上げ、翌年、同所を盛田氏らとともに、東京通信工業(後のソニー)として改組。以後、研究・開発を井深氏、マーケティングを盛田氏が担当して事業を拡大していった。

掲出はソニーの開発戦略において常に心掛けてきたことを語った言葉だ。かつて、ソニーをモルモットと揶揄する記事が週刊誌に掲載されたことがある。評論家の大宅壮一氏が東芝について書いたもので、このような内容だった。

「トランジスタではソニーがトップメーカーだったが、今では東芝がトップ。儲かると分かれば必要な資金をどんどんと投じられるところに東芝の強みがある。ソニーは東芝のためにモルモット的な役割を果たしたことになる」。

これに最初は憤慨した井深氏だったが、後にソニーに対する最大の賛辞と捉えるようになったという。実際、ソニーはその後も新しい商品を他社に先駆けて開発・販売し、業績を伸ばしていった。

他がやっていないことにチャレンジするにはリスクを覚悟しなくてはらない。うまくいっても資金力のある大企業に市場を持っていかれる可能性もある。しかし、いつまでも人真似を続けていたのでは、人と組織の可能性を拓けないだろう。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら