経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

第325回  「カメラを鉛筆なみの便利な道具に生まれ変わらせたい。」イーストマン・コダック 創業者 ジョージ・イーストマン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イーストマン氏が会社創業時に掲げた理想が掲出の言葉という。今や携帯電話やスマートホンにカメラ機能が搭載されるようになり、会議資料の撮影など、メモ代わりに使っている人も多いのではないだろうか。イーストマン氏が思い描いた未来といえるかも知れない。

 イーストマン氏は、1854年、アメリカ・ニューヨーク州生まれ。父は農場と学校を経営していたが健康を害して死去。イーストマン氏は家計を助けるために14歳から働き始めるのだが、その傍ら熱中したのが写真機材の研究だった。

 当時の写真は、その都度、ガラス板に感光剤を塗って撮影していたため、誰でも手軽に撮れるというものではなかった。イーストマン氏は研究の末、乾式の写真版を開発、それまでの仕事を辞めて写真事業に乗り出すことにする。さらに写真の基材をガラスからロール紙に代えることにも成功し、デジタルカメラが普及するまで、100年以上に渡って人々に使われ続けることになるロールフィルム・カメラを世に送り出すのだった。

 いわば趣味を仕事にしたイーストマン氏。仕事に熱中するのもいいが、趣味も持ちたいものだ。ひょっとすると、そのなかから新たな仕事の種が見つかるかもしれない。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら