経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

第301回  「最初にダメだと思った瞬間からダメになる。」エイチ・アイ・エス 会長 澤田秀雄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 澤田氏は、1951年、大阪府生まれ。高校卒業後、旧西ドイツのマインツ大学に留学。在学中、アルバイトで資金を稼いで50ヵ国以上を旅行した。
 
 帰国後、旅行会社インターナショナル・ツアーズを設立し、格安航空券を中心に個人旅行、パッケージ旅行の販売を手がけ、業績を拡大。1990年に社名をエイチ・アイ・エスに変更した。

 その後、航空会社スカイマークエアラインズ(現・スカイマーク)を設立して航空業界に参入。さらに協立証券の株式を取得してエイチ・アイ・エス協立証券(現・エイチ・アイ・エス証券)として証券業界にも参入した。2010年には赤字が続いていたテーマパーク、ハウステンボスの社長に就任して、わずか半年で黒字に転換させてもいる。掲出は、そんな多方面で活躍する澤田氏の言葉。

 たとえば、スカイマークエアラインは35年ぶりの新規参入航空会社だった。当然、事業スタートは簡単ことではない。運輸省に路線申請して認可を取らなくてはならない、機体整備のための体制も整えなくはならない……解決すべき問題が山積みだったはずだ。しかも、澤田氏には航空会社の経験はない。普通なら諦めるところだ。いや、そもそも思いつきもしないだろう。

 ダメだと思わなかったら必ず道が拓けるというものでもないが、諦めずに続けるうちに、思わぬ突破口が見つかったり、状況が変わることもあり得る。ダメだと思ったら、そこで終わりだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら