経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「経営幹部」育成の教科書

第9回:『ビジョナリー・カンパニー』シリーズから学ぶ、“偉大な企業”を創るために経営幹部に絶対に妥協させない「3つの円」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本連載の第7回で、「経営幹部各位に必読書としていただきたい経営書・ビジネス書」について触れましたが、『ビジョナリー・カンパニー』シリーズも、この中に入れておくべき経営の原理原則本です。この著書において特に注目したいのは、著者のジム・コリンズが「偉大な企業を創る経営者は、事業、ビジネスを進める際に、絶対に外さない3つのことがある」と述べている箇所です。今回はその『ビジョナリー・カンパニー』シリーズについて、“経営幹部育成”という観点から、特に押さえておきたい箇所にフォーカスして紹介したいと思います。

世界中の経営者を惹きつけた『ビジョナリー・カンパニー』シリーズ

注目すべき箇所についてお話しする前に、まず『ビジョナリー・カンパニー』シリーズ全7冊について概括してみます。7冊精読しますとひと月、あるいはお忙しい人は数ヵ月を要すると思いますので、こちらでぜひ概要をおさらいください。

世界中を席巻した「ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の法則」(ジム・コリンズ 著)が米国で発刊されたのは、1994年。その後、日本版が1995年に発刊されました。日本においては、バブル崩壊に喘ぐ時期、事業や経営の本質を見つめ直す著書として、時宜を得る一冊だったのではないかと思います。

永続して偉大な企業であり続ける企業は何が違うのか。本書において、著者であるジム・コリンズは、その要素を「時を告げるのではなく、時計をつくる」、「ANDの才能を活かす」「基本理念を維持し、進歩を促す」、「社運を賭けた大胆な目標(BHAG)を掲げる」、「カルトのような文化を築く」、「大量のものを試して、うまくいったものを残す」、「生え抜きの経営陣」「決して満足しない」、「一貫性を追求する」などであるとしました。

そして、経営者の座右の書として最も多く挙げられるのが、第2作の「ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則」(ジム・コリンズ 著)です。筆者自身もまた、本書を初版で購入して以来、折々読み返しています。

第2作の発刊は、ちょうどネットバブルとその崩壊というイベントがあった頃の2001年。当時のムードとしては、シリコンバレーベンチャーが続々とメガ企業へと至り、日本もまたネット系を中心としたベンチャーブームで、新進気鋭の企業が続々と登場し始めた時期でした。そんな時代にあって、本書は「普通の企業がいかにして偉大な企業へと変化し得るのか」を明らかにした書であり、起業家から大手企業経営者までが、「これから自社を偉大な会社にするには」の解を求めて貪り読んだという側面があったかと存じます。

「第五水準のリーダーシップ」、「誰をバスに乗せるか。最初に人を選び、その後に目標を選ぶ」、「厳しい現実を直視する。だが、勝利への確信を失わない(ストックデールの逆説)」、「針鼠の概念(3つの円の中の単純さ)」、「人ではなく、システムを管理する。規律の文化」、「新技術に振り回されない。促進剤としての技術」、「弾み車と悪循環」。これらの要素により、普通の企業が偉大な企業へと至る。ジム・コリンズは本書をまとめてみて、「これは『ビジョナリー・カンパニー』の続編ではなく、前編なのだと気が付いた」と述べています。

批判や経済状況の変化に応えた第3作・第4作

『ビジョナリー・カンパニー』第1作・第2作で名声を得たジム・コリンズでしたが、同時に様々な批判も受けることとなりました。その大きな理由が、この2冊で紹介された事例企業の幾つかが、その後「偉大ではない企業」に転落したことです。そして、これについて追分析を行い、その衰退の理由を明らかにしたのが、「ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階」(ジム・コリンズ 著)です。そのリサーチは2005年から開始されましたが、発刊された2009年(日本版は2010年)は、おりしもリーマンショックに全世界が揺らぐ時期でした。

いかに偉大な永続企業であっても、その原理原則を忘れればその座から転落する。第一段階として「成功から生まれる傲慢」に陥り、第二段階で「規律なき拡大路線」に走り、第三段階として「リスクと問題の否認」が社内に蔓延し、第四段階には「一発逆転の追求」に走る。そしてついには、第五段階として「屈服と凡庸な企業への転落か消滅」が待っている、と。第3作では、段階ごとに警鐘を鳴らしつつ、最後に「ここからどう復活し得るのか」についても解明しているところが、ジム・コリンズらしいと思います。

その後、『ビジョナリー・カンパニー4 自分の意志で偉大になる』(ジム・コリンズ 著)が発刊されたのは、米国で2011年、日本版が2012年です。前3作以降、さらに無秩序化する世界の中で、企業や経営者はどのようにしてそれを切り抜ければ良いのか。不安定化する経済・社会、地球環境の中にいる現代の私たちが、今まさに最も知りたいことですね。

ジム・コリンズは本書にて、不安定な環境下、脆弱な経営基盤からスタートし、目覚ましい成長を遂げて偉大な企業になった企業を「10X(十倍)型企業」、それを率い成し遂げた経営者を「10X型リーダー」と命名。10Xリーダーは「レベルファイブの野心」を持ち、主要行動パターン「3点セット」を備えていると分析しました。この3点セットとは、「狂信的規律」(二十マイル行進)、「実証的創造力」(銃撃に続いて大砲発射)、「建設的パラノイア」(死線を避けるリーダーシップ)です。そして、具体的で整然とした一貫レシピ(SMaC)を持ち、運の利益率(ROL)を高め、何より重要なことは「自分の意志で偉大になる」ことなのだと、ジム・コリンズは総括します。

お気に入りに登録

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら