経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「経営幹部」育成の教科書

第7回:タレントマネジメントの一環として経営幹部候補に行いたい3つの「座学」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、タレントマネジメントシステム作りの課題についてご紹介しました。その必要性の高まりと共に、大手企業を中心に導入されている「タレントマネジメントシステム」。このシステムの運用が、なぜか上手くいかない場合が多い現状を取り上げ、その根本的な原因として、「無理なことを定義しようとし過ぎている」、「選抜プロセスや育成カリキュラムを精緻に組みすぎている」という2点について、対策を明らかにしました。

経営幹部の選抜・育成において、固定的なキャリアパスや精緻な座学プログラムを組んでしまい、まるで人生ゲームのように盤面通りに進めようとすることに無理がある。前回はこのことを確認したわけですが、そうした話をすると、「やはり現場経験に尽きる」、「座学など無駄」といった考えに至ってしまいます。

しかし、タレントマネジメントの一環として「座学」は必要であると考えます。実際に、経営幹部候補向けに行いたい座学研修(オフサイト研修)が幾つかあります。“座学をしっかり行なっているか否か”は、いざ幹部候補者が経営執行にあたるようになった際に、「経営人材としての確固たる地力」や、「タフな局面を切り抜けていける底力」があるかどうかといった点で、大きな差となって現れます。

今回は、経営幹部候補向けに行いたい座学を3つご紹介します。

経営幹部候補に行いたい座学①:経営の「原理・原則」について

経営幹部候補に対して行いたい座学の1つ目は、「原理・原則」について学ぶことです。

経営には、時代を超えた普遍的な原理・原則があります。「経営すること」は、人が織りなす技であるため、つまりは「人と人との間に起きること」だと言えます。人が集まった“組織”で起こることは、時代や場所を問わず、概ね変わらないということなのです。

最近は「行動経済学」に注目が集まっていますが、これは“現実の人”が、「どのようなときに、どんな行動や反応をするのか」を知った上で、マーケティングやセールス、事業運営を行いたいという、経営者やリーダーたちの気持ちの現れだと思います。心理学や哲学などへの興味・関心が高まっているのも、同様の流れではないでしょうか。

経営幹部候補者として、普遍的な原理・原則を知るために押さえておきたい書籍や著者を筆者の視点で挙げますと、『7つの習慣』、ドラッカーの著書、松下幸之助の著書、稲盛和夫の著書です。皆さんも、「大きな石を入れる」、「WIN-WIN」、「事業の目的は顧客を創造すること」、「松下電器は人を作るところ。合わせて商品も作っている」、「チャレンジしているうちは失敗はない。あきらめた時が失敗である」など、彼らの名言の中で聞いたことのあるものが多くあると思います。その著書にはこうした名言だけでなく、「いかに経営すべきか」、「いかに人を扱い、組織を率いるべきか」などの教えが、事例や実体験も交えて紹介されています。これらを読んでいるか、読んでいないかの違いは、経営幹部候補者の素養の差として大きいです。

上記のような書籍は、経営幹部候補者には絶対に読ませておきたいところです。また、関連する研修や講座を提供するプログラムもありますので、その中から良質なものを座学として取り入れるのも良いでしょう。

こうした書籍や研修から学べる“経営幹部としての人格・人間性”の重要度が、企業活動における「SDGs」や「パーパス」の重要性の高まりと共に、更に増しているのは明らかです。

経営幹部候補に行いたい座学②:論理思考&スピーチトレーニング

経営幹部候補に行いたい「座学」の2つ目は、「論理思考とスピーチトレーニング」について学ぶことです。

一昔前に比べると良くなってきたと感じますが、それでも日本の経営者やリーダーは、グローバルの経営者・リーダーに比べて“話下手”なところがあります。「話が長い」、「表現がまどろっこしい」、「話の主旨が分かりにくい」、「表情に乏しい」、「ボソボソ話す」……といった特徴があるのです。

例えば、欧米の経営者は皆、颯爽と壇上に立ち、ユーモアを交えてカッコ良く、刺さるメッセージを話します。筆者は昔から、「日本人の経営者も、あんな風に話せるようになると良いのになぁ」と思っていました。

筆者は以前、そのような話を、当時日本コカコーラの代表であった魚谷雅彦氏(現・資生堂
代表取締役執行役員社長)とさせていただく機会がありました。その際に魚谷氏から伺った次のような話に、非常に驚いたことを鮮明に記憶しています。

魚谷氏いわく、「アメリカ人の社長だって、最初はみんな話下手だよ。ただ、彼らはエグゼクティブポジションが見えてくると、カーネギーなどに通って一所懸命にスピーチトレーニングを受けている。ちゃんとトレーニングしているから話せるんだよ」とのことでした。

その後も、外資系企業のトップの方などにお話を伺うと、確かにご自身、あるいは会社からアサインされて、何らかの形で「話し方」や「プレゼンテーション」のトレーニングをしっかり受けていることがわかりました。つまり、日本の経営幹部候補者が“話下手”、“スピーチ下手”なのは、そういったトレーニングをしていないからなのです。

話し方やプレゼンテーション力については、「論理思考力」と「プレゼンテーションスキル」の合わせ技が欠かせません。この2つの要素において、日本人リーダーはまだまだ伸び代が大きいため、企業としても投資のしがいがあるテーマです。
当社でも折々、オープンセミナーで関連テーマをお届けしています。また、トップやエグゼクティブの方々向けに、パートナーの専門スピーチコンサルタントによる個別コンサルティング・トレーニングをご提供しています。ご自身のスピーチ力やプレゼン力を向上させたい経営者・幹部の皆さんは、ぜひお問い合わせください。

お気に入りに登録

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら