経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

イベント・講演録

HRテックの最新動向~HRテックによる最新の人材育成とは~“人財を活かす”経営変革フォーラム Vol.3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRテックが求められる背景

HRテックが求められる背景

 企業の人事の方々は、HRテックに何を求めているのでしょうか。HRテックを活用した人事の課題を調べてみると、「人事のプロセスを自動化したい」という意見が少なくありません。私たちもお客様に弊社の製品をご説明していると、たびたびこのような話題・質問が出てきます。しかし、最終的に判断するのは人間です。自動化と人間の役割はそれぞれ異なるということを、まずは知っておく必要があります。
 今まで過去の経験や勘をもとに人事の評価を行うことが多々ありましたが、最近はそういったことは大幅に減り、経験や勘とは異なる科学的な人事の評価が必要になってきました。さらにデータの精度に関しては、昨今グローバル化やダイバーシティが進んでいることもあり、多角的な見方をしながら評価することが求められています。「この人は性格が良い」、「この人はいい大学を出ている」、「この人は営業成績が良い」といった表面的なことだけでなく、プロセスやアウトプットも重要です。また、より広範囲なデータを収集するためにも、HRテックの活用は不可欠でしょう。 
 最終的に人事には、パーソナライゼーションが必要です。個人個人に合った形の評価・分析をしていかなければなりません。そのためにはHRテックを活用して、主観と経験と勘に頼らない、データに基づいた根拠のある判断をしていくことが求められます。

人材育成に必要なHRテック

 ITテクノロジーの新たな潮流として、我々が今最も重要視しているのは、ビッグデータ( Big Data)、A(I 人工知能:Artificial Intelligence)、RPA( Robotic Process Automation)の3つです。これらは、これからの人事システム、教育・人材育成システムに必要不可欠なテクノロジーとなるでしょう。AI+ビッグデータの特長としては、データ量が多いこと、多くの仮説を出すことができ、それぞれを多角的に検証できること、抜けがないことが挙げられます。さらに、偏りのない基準を設定し、対象を客観的に評価できることが大きな強みです。
 AI+ビッグデータの実装は、これから本格化していきます。従来からさまざまな手法が編み出されてきましたが、集まったデータの分析や判断は、最終的には人間が行ってきました。これは、従来はデータが複雑になると機械では処理できなかったからです。では、今後どのような分野に応用されていくのか。例えば、採用(マッチング、スクリーニング、キャリア予測)、配置・異動、組織の最適化、人材育成・活用、教育(カリキュラム、内容、進捗管理、ポテンシャル)、評価(アセスメント、リーダーシップ、パフォーマンス、コンピテンシー)、処遇(昇給、ボーナス、インセンティブ)、モチベーション形成(企業文化、価値観、信頼感、期待度)などが挙げられるでしょう。

人材育成に必要なHRテックとはどのようなものなのか?その活用方法とは?
気になる続きはダウンロードしてご覧ください。



お気に入りに登録

プロフィール

サムトータル・システムズ株式会社 マーケティングディレクター 古沢 淳 氏

サムトータル・システムズ株式会社 マーケティングディレクター 古沢 淳 氏

株式会社東芝に入社。電子計算機事業部にて商品企画を担当。 その後、IBMの開発部門にて、製品企画、事業企画、技術マーケティングを担当し、携帯電話OSのシンビアンを経て、現職。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら