経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

イベント・講演録

日本の未来をつくる経営戦略、人材戦略 ~混迷するGlobalizationの中での企業経営のあり方~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一昔前、世界はアメリカの覇権下にありました。しかし現在、中国の台頭もあってアメリカ一国では成り立たなくなり、混迷の時代へと突入しています。そのような状況の中で、日本の経営者、人事部はどのような経営戦略を練り、また人材戦略を進めていくべきなのか ―― 。元中華人民共和国駐箚特命全権大使/前伊藤忠商事株式会社 取締役会長 丹羽宇一郎氏が、混迷する世界情勢を解説し、経営者と人事部の方々にこれから進むべき道を語り、後半にはProFuture代表の寺澤康介とスペシャルトークセッションを繰り広げました。

人事部は経営の中枢である

 今回のテーマである「人事×経営」というものを見まして、私は「人事=経営」と思っています。というのも、人事部というのは経営の中枢です。それでは、経営の中枢とはどういうことでしょうか? 今の大企業や中小企業で人事部がどのような仕事をされているのでしょうか? 私が視聴者になって、皆さんのお話をお伺いしたいほど、今の人事部の仕事はどのようなもので、経営とどれほど関わっているのか、私は大変疑問に思っています。

 したがって本日、お話させていただくのは、日本の企業経営はどうなるのか、日本の国の姿はどうなるのか、あるいは世界の情勢はこれからどのように変わっていくのかというものですが、簡単には分かりません。とりわけ、日本においてはグローバリゼーションの波は、皆さんの生活にはかなり及んできていますが、心の中、精神、知識、あるいは情報の中に及んできているのでしょうか? 日本人はそれを受け止めているのでしょうか? それも大変疑問です。物質的にはグローバリゼーションを意識するかしないかに関わりなく、世界中に広がっていきます。しかし、心とか知識とかは別です。それを企業の経営者は自覚しなければなりません。

この続きは会員の方のみ閲覧いただけます。

会員の方はこのままお進みください。



お気に入りに登録

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら