経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

イベント・講演録

MASHING UPセッションレポート(後)「大企業をやめるわけ、やめないわけ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年2月22日~23日、TRUNK(HOTEL)(東京都渋谷区)にて、株式会社メディアジーン主催のビジネスカンファレンス「MASHING UP」が開催された。異なる性別や年齢、国籍、業種などを混ぜ合わせる(mash upする)ことで、働き方やビジネスにつながる化学反応を起こすことを目的としたイベントだ。同イベントでは、働き方のダイバーシティに関するセッションも複数開催された。今回はそのなかから、「進化し続けるリモートワークの可能性」および「大企業をやめるわけ、やめないわけ」の2セッションについてレポートする。

「大企業をやめるわけ、やめないわけ To Leave, or Not to Leave-the Establishment, Stability, and Change」

本セッション登壇者は以下の3名。

・奥田 浩美 氏(モデレーター):株式会社ウィズグループ 代表取締役
・和田 幸子 氏:株式会社タスカジ 代表取締役社長
・佐々木 大輔 氏:freee株式会社 創業者・代表取締役CEO

セッションは、参加者の9割が企業に勤務しているということを踏まえて進められ、まず、登壇者それぞれから、自分の人生の転換期について、グラフを使って説明がなされた。

和田氏は、サラリーマンの父親と専業主婦の母親のもとに生まれ、「安定しているサラリーマンは素晴らしい」という価値観で育ったとのこと。就職してからは、富士通でSEとして働くも、30代後半でエネルギーを持て余すような感覚があり、それが起業のきっかけになったという。

佐々木氏は、生活環境が急激に変化するときや新しいことへ挑戦しているときが、グラフが上向きになっていると述べた。佐々木氏のグラフは、中学校の終わりのころに周りと比較するのをやめ、「人と違うことをやろう」と思ったときからスタートする。大学時代はデータサイエンスが好きで、データ分析の仕事をするために、ベンチャー企業でインターンシップをしていた佐々木氏。卒業してからもベンチャー企業で働きたいと思っていたが、周囲の勧めもあって、大手広告代理店へ就職。しかし、大企業の「下っ端」となり、ある程度責任の重い仕事を任されているにも関わらず、社内でないがしろにされた経験をし、とても悔しかったという。その後、佐々木氏は、投資ファンド勤務やベンチャー企業CFOを経て、グーグルへ入社。グーグルも最初の広告代理店と同様の大企業ではあったが、両者の違いは、掲げているミッションに自分が共感できるかどうか、だったという。グーグルでは、中小企業向けのマーケティングを担当し、初めて「自分の仕事が世の中に貢献している」「自分が存在していることで世の中がよくなった」という感覚を得られたとのこと。そして次第に、自分が成長することよりも、社会へのインパクトを重視するようになり、起業に至ったと述べた。

次に、登壇者それぞれの起業のきっかけについて議論された。

和田氏は、起業のきっかけはひとつではなく、自分に起こったすべての物事が起業を推進する方向に動いてきた、と語った。そのなかでも核となったのが、自らが共働きで家事の担い手不足という問題に直面した時、インターネットで個人契約したハウスキーパーを利用することで、生活が改善し、感激した経験だ。そうしたハウスキーパーを誰もが使えるようにしたいと思う反面、現状の仕組みでは難しいことに気づき、起業のテーマを思いついたという。また過去に一度、企業派遣留学制度でMBAスクールに通ったときに、同級生と起業したが、うまくいかなかったという経験もあった。そのときから約15年間、起業への想いを温め続けていたという。

佐々木氏は、中小企業にテクノロジーを普及させる仕事をしてきたなか、やがて、世界と比べてもテクノロジーの活用度合いが遅れている日本の現状を、「自分の手で」直接解決したいと思うようになってきたという。あるとき、経理担当が一日中入力作業に追われていることを見かねた佐々木氏は、新しいタイプの会計ソフトを作って、企業の裏側を、クラウドを使って自動化してみたい、と思いつく。このアイディアが生まれたのが12月で、起業したのは翌年7月。会計ソフトをテーマとすることについては、周りに止められたそうだが、その参入障壁こそ、逆にチャンスだと佐々木氏は考えた。このように企業に所属していてはできない選択を行えるのは、起業の醍醐味だと同氏は付け加えた。

お気に入りに登録

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら