経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

イベント・講演録

クオリティフォーラム2017 企画セッション「ワーク・ライフバランスの視点から考える生産性向上~経営戦略としての働き方改革」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大塚 万紀子氏
株式会社ワーク・ライフバランス
パートナーコンサルタント

----------------------------------------------------------------
本講演は、日本科学技術連盟主催の、「クオリティフォーラム2017」
における講演内容をまとめたものです。
----------------------------------------------------------------

「働き方改革」「生産性の向上」などの話題になると、特にホワイトカラー労働現場からの反発が強い。とはいえ、少子高齢化による労働力人口減少などの観点から見ても、生産性の向上は急務だ。その際にキーとなる考え方のひとつが、ワーク・ライフバランスだと大塚氏は言う。どういうことだろうか。また、経営戦略としての働き方改革とは。

ワーク・ライフバランスとは~ワーク・ファミリーバランスとの違い

「ワーク・ライフバランス」は、「ワーク・ファミリーバランス」と混同されることが多い。
ワーク・ファミリーバランスは、対象が育児・介護者など、家庭を持っている人に限定される考え方だ。したがって、組織の中で恩恵を享受できる人とできない人が生まれ、そこに対立構造が生じることになる。企業の業績にマイナスに働いてしまうケースもある考え方だと言えるだろう。

これに対して、「ワーク・ライフバランス」は、育児や介護だけでなく、自己研鑽や看護、運動などの「ライフ」と仕事のバランスをとるという考え方で、すべての人がその対象となるのがポイントだ。ライフの充実によって、自己研鑽によるインプットが増えるだけでなく、多様な人が働けるようになることで、企業は付加価値を生み出せるようになる。このように、仕事と生活のシナジーが生まれる考え方が、ワーク・ライフバランスである。

ワーク・ファミリーバランスの考え方で、単に制度を整えて終わるのではなく、ワーク・ライフバランスの考え方に立って、本質的なプロセスの見直しや働き方の改革に着手し、シナジーを生み出す組織作りをしていくのが理想であると、大塚氏は述べる。

お気に入りに登録

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら