経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

渋沢栄一の「士魂商才」 ビジネスリーダーなら知っておきたい「日本資本主義の父」の肖像

第16話:西欧文化の刺激

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

将軍の弟・徳川昭武がフランスで開催される「パリ万博」に貴賓として招かれ、渋沢栄一は洋行の御供として選ばれる。船上生活で異文化に溶けこむ柔軟さや好奇心の強さを発揮した渋沢栄一は、途中、寄港した中国(清国)で、宗主国たるイギリスの繁栄を目の当たりにする。ついで寄港したベトナムは、フランス領となりながら、戦火の傷がいえぬ貧しい植民地と化していた。

日本の資本主義の礎を築いた渋沢栄一。2022年に日本最高額紙幣の“顔”となる「日本資本主義の父」がどのように生まれたかを、史実第一主義の直木賞作家・中村彰彦氏が紹介する(編集部)。

フランス領ベトナムの貧困に、亡国の淵を見る

香港におけるイギリスの強盛についで、渋沢栄一は、造幣局、新聞局、病院、公園、牢獄を見学。牢獄では囚人たちの職業に従って作業させていること、前非を悔いて全におもむかせるべく説法がおこなわれていることも知った。

横浜で用意してきた銀貨(メキシコドル)は、この地で英国通貨のポンドに両替しておくと以降の公開中に便利だとおいことを教えてくれたのも香港でのこと。栄一は初めて、ヨーロッパではドルよりもポンドの方が強いことに気づかされたのである。

26日には、「アルヘー号」からその倍の大きさの郵船「アンペラトリス号」に乗り換え、3月1日、フランス領ベトナムのサイゴンに到着。栄一はベトナムがフランス植民地になった原因と現状を下のように記述した。

「仏国、郵便(制度)を開くための計画する処あらんとて教師を遣し、この地の形を測らしめらるを、土人(ベトナム人)憤怒し、その日とを殺害せしよりついに戦争となり、仏兵大いに土兵を攻撃し、内地に深入す。これによりて和議を講じ地を割きて罪を謝す。爾来(じらい)仏国所領となりし由。仏国は領府を置き、兵およそ一万を駐留させて不ごにそなえ、左官に開拓建業の目的をなす。されども兵火の後、いまだ十年に充(み)たざれば土地荒廃し、炊事の煙が立ち上ることも稀にて富み栄えるに至らず。かつ土民反覆測り難く、ややもすれば協力して来襲するあり。【略】

すでに製鉄所、学校、病院、造船所等を設け、東洋における一大根拠地たらしめようとしても、一年の徴税額はわずかに三百フラン。年々入費多く得失償いがたきゆえ、本国でも議論はますますなりという」

ベトナムは、日本の尊攘激派がヒュースケンやリチャードソンを斬ったのとおなじ攘夷熱でフランス人教師を殺害したころから亡国の道をたどったのである。

攘夷論とは国が亡ぼす思想でもあること、イギリス領香港が繁栄しているのに対し、フランス領ベトナムはその攘夷思想のゆえになおも貧国の淵にあることなどにつき、『航西日記』はなぜか所感が述べられていない。

栄一はかつて尊攘激派に属した自分をかえりみて、忸怩(じくじ)たるものがあったのかもしれない。

お気に入りに登録

プロフィール

作家 中村 彰彦

作家 中村 彰彦

1949年栃木県生まれ。作家。東北大学文学部卒。在学中に「風船ガムの海」で第34回文學界新人賞佳作入選。卒業後1973~91年文藝春秋に編集者として勤務。1987年『明治新選組』で第10回エンタテインメント小説大賞を受賞。1991年より執筆活動に専念し、93年、『五左衛門坂の敵討』で第1回中山義秀文学賞を、94年、『二つの山河』で第111回(同年上半期)直木賞を、2005年に『落花は枝に還らずとも』で第24回新田次郎文学賞を、また2015年には第4回歴史時代作家クラブ賞実績功労賞を受賞する。近著に『幕末維新改メ』(晶文社)など。史実第一主義を貫く歴史作家。

ホームページ:中村彰彦公式サイト

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら