経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

渋沢栄一の「士魂商才」 ビジネスリーダーなら知っておきたい「日本資本主義の父」の肖像

第15話:渋沢栄一が「公益」を悟ったスエズ運河体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一橋慶喜が将軍に就任し、その弟・昭武がフランスで開催される「パリ万博」に貴賓として招かれた。慶喜の判断で、渋沢栄一は洋行の御供として選ばれる。船上生活で異文化に溶けこむ柔軟さや好奇心の強さを発揮した渋沢栄一は、途中、寄稿した中国(清国)で、宗主国たるイギリスの、政治、経済、司法の制度作り、歴史に対する知識の探求心、学校経営が盛んなさまを目の当たりにする。幕末の弱体化する日本には足りない物、イギリスが強盛を誇る原因を見出す経験となった。

日本の資本主義の礎を築いた渋沢栄一。2022年に日本最高額紙幣の“顔”となる「日本資本主義の父」がどのように生まれたかを、史実第一主義の直木賞作家・中村彰彦氏が紹介する(編集部)。

イギリスの植民地支配の巧妙さが発揮された香港統治

第15話:渋沢栄一が「公益」を悟ったスエズ運河

渋沢栄一の『航西日記』は、渋沢篤太夫(とくだゆう)こと栄一が外国奉行支配調役(しらべやく)の杉浦靄山(かざん/通称・愛蔵、諱〈いみな〉は譲)との共著としてまとめたもの。靄山も漢籍を深く学んでいたらしく、この日記には多彩な漢語がちりばめられている。

しかし、現代人にはすでに耳遠くなった行玄も少なくないので、西暦2月24日に上陸した香港についての記事は原文の雄渾(ゆうこん)な筆致を尊びながらも若干表記を改め、新仮名遣いにして引用してみよう。

「この地は広東(カントン)府の突端の海中にある孤島にして、港内に小さな諸島をめぐらして風涛を支え、改訂深くして船舶を停泊せしむるに足れり。平坦の地少なく山の腰を切りて道路を設け、海岸は支那人の家居多く、山手は尽(ことごと)く西欧人の住居なり。アヘン戦争の後、清国が賠償金を支払ったのとは別に英国に割譲せし地なり。往昔はアレたる僻村なりしも英国の版図(はんと)に属せしより山を開き海を埋め、舗装道路を造り、石造りの下水を通じてようやく人口網密(もうみつ)、貿易繁盛の一富境となりしとぞ。【略】

今、英人の商業を東洋にほしいままにし、利益を得るは一八五八年よりインドを直接統治するによるといえども、物資の流通・運輸を自在ならしめて利益を掌握し、通関を専断して貿易を独占するは理由なきにあらず。土民の保護のため陸海の兵日を厳(げん)にし、その国の栄誉と利益を守る。鎮台の将は全権を委任された威望ある者なり。近来、この地に大審院を置き、裁判官を在留せしめ、東洋に分在せる国民の訴訟を審判すといえり」

このような植民地の政治、経済、司法の制度とともに、栄一が関心を寄せたのは「英華書院」その他の私立学校があり、中国の歴代王朝で出版された書物を蒐集(しゅうしゅう)してイギリス人に歴代の沿革、政典、律令から日用文までを研究させていることであった。

こうして中華文明を起こした要素を精神まで学術的に分析することろに、栄一はイギリスが強盛を誇る原因を見出したのだ。

お気に入りに登録

プロフィール

作家 中村 彰彦

作家 中村 彰彦

1949年栃木県生まれ。作家。東北大学文学部卒。在学中に「風船ガムの海」で第34回文學界新人賞佳作入選。卒業後1973~91年文藝春秋に編集者として勤務。1987年『明治新選組』で第10回エンタテインメント小説大賞を受賞。1991年より執筆活動に専念し、93年、『五左衛門坂の敵討』で第1回中山義秀文学賞を、94年、『二つの山河』で第111回(同年上半期)直木賞を、2005年に『落花は枝に還らずとも』で第24回新田次郎文学賞を、また2015年には第4回歴史時代作家クラブ賞実績功労賞を受賞する。近著に『幕末維新改メ』(晶文社)など。史実第一主義を貫く歴史作家。

ホームページ:中村彰彦公式サイト

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら