経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

"人が動く"コミュニケーション術

第18回  挨拶の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

部下は“上司のマネ”をする

同じ新入社員であるにも関わらず、なぜこのような違いが発生するのだろうか。それは、部下には“上司のマネ”をするという特性が備わっているからである。

そのため、「上司が挨拶をしない職場」では時間の経過とともに、部下も挨拶をやめてしまい、反対に、「上司が挨拶をする職場」では時間の経過とともに、部下も挨拶をするようになる。

部下の挨拶が不十分な場合、得てしてその部下を問題視する傾向にある。しかしながら、部下が挨拶をするようになるかのカギを握っているのは、実は、挨拶をするように命じられた部下本人ではない。挨拶をするように命じたリーダーこそが、大きなカギを握っているのである。

つまり、部下が挨拶をするようになるのも、挨拶をしなくなるのも上席者であるリーダー次第ということである。

リーダーの挨拶が部下の行動を変える

挨拶は環境に大きな影響を与えるという特徴がある。そのため、気持ち良い挨拶が交わされている職場では、明るく雰囲気の良い職場環境が構築できる傾向にある。

そのような職場で就業するメンバーは、“前向き”、“協力的”、“建設的”な思考特性を持ちやすい。組織内にそのような考え方を持つメンバーが増えれば、組織構成員としての『好ましい行動』が増加し、その結果として、組織パフォーマンスの向上が期待できることになる。

つまり、挨拶は「企業風土の良化」、「組織パフォーマンスの向上」の原動力となる重要なコミュニケーション手段なのである。

もしも、リーダーの皆さんが「ウチの社員は挨拶もまともにできない!」と感じることがあれば、部下を責める前にぜひとも、「リーダーである自分はキチンと挨拶をしているのか」という点を振り返って欲しい。

部下に挨拶が根付き、好ましい企業風土が構築できるかどうかは、リーダーであるあなた自身の挨拶にかかっている。


コンサルティングハウス プライオ
代表 大須賀信敬
(中小企業診断士・特定社会保険労務士)

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら