経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者“心と体の健康法”あれこれ実践記

第9回  心と体の健康のバランスをどう取るか 1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回のコラムからずいぶん時間が空いてしまいました。「もしかしたら健康法の習慣が続いていないのでは?」と思われるかもしれませんが、ご心配なく。ずっと続いています。
 さて今回から、心と体の健康のバランスについて書いていきたいと思います。体から徐々に心の方に話題が移っていく予定ですので、宜しくお願いします。

健康法は、続けてなんぼ

 前回書いた「朝ドラ」見ながら運動」は増量しながらほぼ毎日継続しています。
 ちなみに現在の運動量は以下の通り。

以前から行っていたもの
●エア縄跳び 300回(以前と同様) 
●腕立て伏せ 100回(以前:50回)
●スクワット 100回(以前と同様) 
●簡易器具を使った腹筋運動 100回(以前:50回)
●簡易器具を使った開脚運動 200回(以前:50回)
●簡易器具を使った腰回転運動 50回(以前と同様) 
●腰を中心としたストレッチ 2分程度(以前と同様) 

これに新たに加わったものが、
●しこ踏み、股関節運動 10回
●エアボクシング 1分程度
●椅子を持った状態で30回後ろに足上げ30回×2足
●ダンベル(5キロ)ショルダープレス(肩から上げる)50回
●ダンベル(20キロ)ベンチプレス(寝た状態で上げる)30回
●ダンベル(20キロ)カール(立った状態で胸に引きつける)30回

 こうしてみると結構やっていますね(笑)。
 なんか勢いがついて、あれこれ増やしています。でも、これで15~6分しか時間はかかっていません。
 あと、毎日少なくとも1万歩以上歩くようにしています。

 筋肉はある程度ついてきたし、体脂肪率は15~6%程度で安定しています。いま走ることは習慣化していないのですが、先日数キロ走ったら1キロを5分ちょっとで走れたので、久しぶりにしては心肺能力もまずまずでした。

 何事も毎日少しずつ続けることが大事ですよね。健康法もしかりです。

経営者の心の健康法を考えてみる

 心と体は切り離せないものなので、体が良い状態になると、自然と心にも良い影響を与えるはずです。「うつ」に対して運動療法があるように、運動による健康法を実践することは心の健康につながるはずです。

 ただ、それだけでは足りない。心には心の健康法が必要だと思います。
 しかし心の健康法については、万人に向くものがあるかというと、非常にむずかしいように感じます。心は体のように目に見えないものですし、良いか悪いかの基準が明確ではありません。同じような環境にいても、幸せに感じる人とそうでない人が当然います。体の健康法も人によって合う合わないがありますが、心の健康法はもっとその差があるのではないでしょうか。

 そうした前提は持ちながら、条件を絞って「多忙な40~50代の経営者が、心身ともにより良い状態を保つために、特に心の健康を促進していく方法」について、今後考えていきたいと思います。

お気に入りに登録

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら