経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者“心と体の健康法”あれこれ実践記

第8回  簡単にできる、燃やす身体のつくり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、1日1食と運動をセットで行い、燃やす身体をつくることが私の健康法のベースだと書きました。とはいえ、忙しい経営者、ビジネスパーソンが、日々運動することは大変ですよね。そこで今回は、日々簡単にできる私の運動方法と燃やしやすい身体をいかにつくるかを紹介したいと思います。

忙しい中で運動をいかに習慣づけるか

私自身ベンチャー企業を経営する中で、忙しい毎日を送っています。朝は5時くらいに起きてまずは一仕事。朝風呂に入り食事抜きで出社。日中仕事をして夜はお客様や知人と食事をしたりしなかったりで、家に帰るのはだいたい午後10時~12時くらいになります。床に就くのは12時~1時くらいでしょうか。

そうした中でいつ運動するかというと、「朝」です。でもほぼ毎日仕事があるので、そんなに時間は使えません。それに、朝仕事をしているとつい時間を忘れ、運動する時間が取れなくなることもありました。では、どうすれば運動を習慣づけることができるでしょうか。
答は「絶対に毎日やることとついでに、同時にやる」ことです。私の場合、それは「朝ドラ」「朝風呂」です。

「朝ドラ」の時間帯に定番運動をする

BSで「朝ドラ」が始まる時間になるとテレビの前に移動し、15分の間で以下の運動をテレビを見ながらやります。

●エア縄跳び 300回
●腕立て伏せ 50回
●スクワット 100回
●簡易器具を使った腹筋運動 50回
●簡易器具を使った開脚運動 50回
●簡易器具を使った腰回転運動 50回
●腰を中心としたストレッチ 2分程度

こうして書くとたくさんやっているように見えますが、それほどではなく、だいたい12~13分くらいで済み、終わった時点で軽い汗をかく程度です。もちろん人によって体力は違うので運動量は調整すればよく、要は日々10分程度の運動で身体は十分鍛えられるということなのです。

《次ページに続きます》

お気に入りに登録

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら