経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

人と組織が活きる経営判断

第2回  需要創造型経営と集団性格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
需要創造型経営に不可欠な創造的な組織作り

需要創造型経営に不可欠な創造的な組織作り

 前回は、現在の市場環境で業績を上げ続けていくには、「需要創造型経営を可能にする創造的な人と組織作りに取り組むことであり、肯定的な能力観を持ってマネジメントすること」とお話ししました。
 今回は、「創造的な組織作りに必要な能力を日常的に磨くこと」について考えたいと思います。

 創造的な組織に必要な能力とは、市場の情報を基に、新たな価値を創造し続けられる組織の能力のことを言います。
 では、どのような能力が必要になるかを整理しておきましょう。

①自分や組織の中にある経営資源の強みを活用して、何に貢献するのかを意志決定する能力
②組織の総合力を引き出す能力
③自分と組織の戦略的思考力
④自分と組織の情報活用能力
⑤多様な価値観との共創型のコミュニケーション能力
⑥市場のニーズ(デザイアー・ニーズ・ウォンツ)を満たす価値をコンセプトとしてまとめる個人と組織のコンセプト創造能力
⑦チームで知恵を開発するファシリテーション能力
⑧自分と組織のモラル意識を高め、自らのメンタルヘルスを良好にする能力
⑨自分と組織の専門的技能を磨く能力

 これらの能力を日常的に磨くことが、創造的な組織作りに必要な能力を高めることになるのです。では、日常的に磨くための「実践のポイント」を考えてみたいと思います。

創造的な組織の能力向上実践のポイント

 創造的な組織に必要な能力を日常的に磨くには、四つのポイントとマネジメント上の一つの基本を実践するとよいでしょう。

1.「自分が属する組織の強みは何か」
 「強み」を考えるには、組織美点に着目する必要があります。これは、自社観(わが社はこういうものだという事実認識)や、自分が属する組織観(わがチームはこういうものだという事実認識)を見直すことになるのです。自社や自分が属している組織の美点が見つかると感情的に前向きになり、強みにつながる能力を磨こうという気持ちが生まれてきます。
 次に、自社や自分の組織が提供している価値(サービス・商品)の中で、「お客様は何を買っているのか」を考える機会を作ることです。自社や自分の組織が提供する価値(サービス・商品)がどのようにお客様に喜ばれ、感謝されているか、その情報を整理することで、組織の強みを第三者的に発見する機会になります。
 さらに、これらの強みを伸ばすための課題を整理することです。そうすれば、自分がさらに磨くべき専門技能やチームとして取組むべき成長課題が特定されます。

2.お客様のニーズ(デザイアー・ニーズ・ウォンツ)に対し、「どのような価値(サービス・商品)を提供して役立ちたいのか」をチームで考える機会を作る
 お客様のニーズを「顕在化しているニーズ(デザイアー)だけでなく、見え隠れしているニーズ(ニーズ)を推察し、将来必要になるであろうニーズ(ウォンツ)の仮説を立てること」をチームで考えてみることが、情報活用能力を磨く第一歩になります。チームで取り組むことで、個人で考える以上にさまざまな角度や価値観から、ニーズを捉えることができ、個人の情報感度の幅を広げることにもつながります。

3.お客様のニーズ(デザイアー・ニーズ・ウォンツ)の仮説に対し、「どのような価値(サービス・商品)を提供すれば、そのニーズを充足できるのか」をチームで解決策を作る
 組織には個人の能力以上に多様な価値観やそれに基づく知恵があるものです。チームで解決策作りに取り組むことによって、チームの多様な知恵を引き出し、コンセプトとしてまとめる能力も磨かれていきます。

4.お役に立った喜びの情報をチームで共有化する
 チームで立てた解決策を実践し、検証することで、どの仮説の成功確率が高いのかが分かるようになります。そして、お客様に支持された理由を共有化すれば、自社や自分の組織に自信が持てるようになり、「何に役立ちたいのか」という意志決定に確信が持てるようになります。

 このように、チームで強みを分析し、ニーズ仮設を立て、解決のコンセプトを作り、検証し、お役立ちの喜びを共有化していけば、創造的な組織に必要な能力が日常的に磨かれていくのです。

お気に入りに登録

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら