経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

社員の強みを活かすタレントマネジメントの本質

第3回  経営戦略に必要な人財とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回は、経営と人事との共通言語、タレントマネジメントという人財マネジメントのツールの共通言語の重要性について理解をしました。

 今回は、経営目標、経営戦略に貢献する人財、必要な人財について理解を深めます。

タレントマネジメントの定義とは

 お待たせしました。
 ここで、タレントマネジメントの定義と意味に考えてみたいと思います。
 まず、一般的に使用しているタレントの意味です。

【タレント】
 タレント(talent)とは、広辞苑、ジーニアス英和辞典によると、『(生まれつきの)才能、技量、適性、素質、能力、才能ある人、能力ある人、人材』と定義されています。芸能人の意味もありますが、ここでは対象外です。

 本題のタレントマネジメントの定義を確認してみます。
 ここでは、代表的な3事例を確認してみたいと思います。


【マッキンゼーの定義】
「あらゆるレベルで会社の目標達成と業績向上を推し進める、有能なリーダーとマネージャを意味する」(マッキンゼー・コンサルティング The War for Talent 2001による定義 著者翻訳)

 タレントマネジメントという言葉はどこにもありませんが、タレントマネジメントの思想が含まれていので、記載しました。ここでのタレントとは、優秀で成果を出すリーダー(経営陣など)とマネージャ(管理職)のみをタレントとして定義しています。しかも、タレントを「優秀な人材を獲得するための戦い:獲得合戦」と限定しています。

 注:日本企業では、リーダーはマネージャより低い位置だと思っている人がいます。ここでは役割として理解をしてください。欧米企業ではマネージャより高い位で定義されています。

【米国人材マネジメント協会(SHRM)の2006年定義】
「タレントマネジメントとは、従業員の労働生産性を向上させるために、現在、および将来の経営ニーズを満たすことができるスキルと能力を持った人材を募集・採用し、育成、定着させ、活用するための人材マネジメントであり、その各プロセスを改善させながら、統合的な戦略と全体のシステム設計を実現させることである。」(著者訳)

 SHRM(Society for Human Resource Management)は、1948年に設立された世界規模の人事のための人材マネジメント開発を支援し、160か国、27万人以上の会員数を誇っています。さて、この定義を見る限り、これまでの人材マネジメントの集大成ともいえる定義となっています。

【米国人材開発機構(ATD)の2009年定義】
「タレントマネジメントとは、人財(人的資本)の最適化を総括的に行う仕組みである。すなわち、事業目標の達成に必要な人財を獲得・育成・配置することにより、組織の文化を形成し、雇用を継続させ、本人のやりがいや能力、可能性を発揮させることによって、組織の短期および長期の目標を達成させることができる仕組みをいう。」(著者訳)

 ATD(Association for Talent Development タレント開発協会)は、2014年に前身のASTD(American Society for Training & Development)から名称を変更しました。
 1944年に創立された世界最大の人材開発・パフォーマンスに関する会員制の団体で、100か国、7万人の会員がいます。著者も会員のひとりです。

 さて、ATDの定義も、これまでの人材マネジメントのありかたを高度化した内容であり、米SHRMとは違う視点で定義しています。ATDでの定義は、人財マネジメントと言ったほうがいいかもしれません。

 SHRMでは人材を従業員といい、ATDでは人財と違った表現をしています。いずれの場合でも、人財の一人ひとりの才能を利用して、事業目標の達成をより効果的に進めようとしていることが分かります。

お気に入りに登録

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら