経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

言葉がけの改善で、部下と組織を強くする

第4回  “して欲しい変換”を習慣づける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「して欲しい変換」で具体的に言葉がけをする

 「○○するな」とつい否定形が出てしまう人は、「○○して欲しい」と肯定形の表現に変換することを常に意識しましょう。
 無意識のうちに否定形で話す人も多いので、ミーティングや研修の時間を利用して社員の皆さんと一緒に考えてみることをお勧めします。次のような課題に取り組むと効果的です。

<ひとつの状況に対して、否定形による言葉がけを肯定形に変換した例>
①部下が難しいプロジェクトを提案してきた。
  失敗したら、どうする気なんだ。 → どうしたら成功するのか、一緒に考えよう。

②部下・後輩が何度も同じことを聞いてくる。
  何度も同じことを聞いてくるな。 → ポイントをしっかり聞いてメモしよう。

③お客様に提出する商品の仕上げをしている。
  傷をつけるなよ。 → 最後は丁寧に仕上げよう。

④大役を任されて尻込みしている。
  逃げるな。 → しっかり取り組んで成長しよう。

⑤待遇や組織の対応に反感を抱いている。
  不満を言うな。 → どうしたら良い組織になるのか、意見を出し合おう。

 このように「して欲しいこと」を肯定形でストレートに伝える習慣をつけることで、相手を好ましい方向へ導きやすくなります。

“肯定形”だけでは無理が生じるケース

 しかし、肯定形も単純に否定形を裏返せば良いわけではありません。
 例えば、競合企業が集うユーザー向けのプレゼンテーション会など、“負けられない場面”に挑む時、「勝てよ」と声をかけられたらどう思うでしょうか?
 心強いと感じて奮起する人もいるかもしれませんが、性格によっては「勝たねばならない」とプレッシャーに感じ、緊張のあまりミスを誘発しかねません。

 肯定形で正しく励ましているはずなのに、かえって相手を委縮させてしまう、といった状況を防ぐためには『三段階の承認』に基づいた言葉がけをする必要があります。これは、人間がモチベーションをアップし、本来の力量を発揮しやすい状態を作り出すための基本となるものです。

第1段階:存在の承認
その人が組織に存在してくれていること自体を認めること
言葉がけの例→ 「いつもありがとう」「あなたが居てくれるから心強いよ」

第2段階:行動の承認
その人が行動していることについて認めること
言葉がけの例→ 「頑張っているね」「よくやってくれているね」

第3段階:結果の承認
その人が出した結果について認めること
言葉がけの例→ 「よくやったね」「よく出来たね」

 ここで注目すべきは、前述の「勝てよ」という表現は、承認することなく『結果』を求める言葉がけであることです。

“結果”よりも“行動”にフォーカスする

 相手を勇気づけて、大切な本番で十分に力量を発揮してもらうためには、“結果”を求めるのではなく“行動”にフォーカスして言葉がけをすることが大切です。先の例でも、「成功しろよ」でなく「他社と比較して、トータルコストが安いという部分を徹底して訴求しろよ」などの具体的な“行動”を示すことで、どうすれば好ましい“結果”を生み出すことができるのかをイメージさせるのです。

 次回は、「とらえ方変換」や「して欲しい変換」を個人のアイデアで終わらせるのではなく、組織全体でスキルアップしていくためのツールとして使える「シナリオ」の作成法を解説します。

お気に入りに登録

プロフィール

マーケティングオフィス・ウラベ代表 占部 正尚 氏

マーケティングオフィス・ウラベ代表 占部 正尚 氏

1987年、早稲田大学政治経済学部卒業。㈱日本エル・シー・エー(経営コンサルティング)に入社。26歳で講師デビュー、現在までの登壇実績は3,000回以上。
2008年、コンサルタント・研修講師・営業マンの3分野での経験を活かし、マーケティングオフィス・ウラベを設立。
モチベーションアップとロジカルシンキングを融合させた独自のプログラムにより、受講生が1日で着実にスキルアップする成果重視の研修には定評がある。
現在、一般財団法人日本ペップトーク普及協会の理事を務め、大手企業や行政機関からの研修依頼が多数。著書:ビジネス・ペップトーク(日刊工業新聞社)
ホームページ:
マーケティングオフィス・ウラベ
一般財団法人日本ペップトーク普及協会

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら