経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者として知っておくべき労働法

第1回  実は大事な労働契約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
採用募集から様々な法律の制限を受けている

採用募集から様々な法律の制限を受けている

 会社は、採用情報サイト、新聞、雑誌、就職情報誌、チラシ、など様々な媒体を利用して人材を募集します。
 募集するには、仕事の内容から労働時間・給与などの待遇を告知し、一人でも多くの人に応募してもらいたいと情報発信をします。この情報発信の時点から、職業安定法その他の法律が求める要件を守らなければいけません。

① 従事する業務内容
② 雇用期間(正社員、契約社員など)
③ 就業する場所
④ 始業と終業時刻、時間外勤務があるか、休憩時間、休日や休暇
⑤ 賃金(賞与等を除く)の額に関する事項
⑥ 健康保険・厚生年金保険・労災保険・雇用保険に加入しているか
これらの労働条件は、採用時にも労働者に対して明示するよう求められています。(労働基準法15条)

 上記の募集要件以外にも、求職者が提供する個人情報の取り扱いについて、目的の範囲内での収集、保管、使用を制限されます。(職安法5条の4)
 特に、人種、民族、社会的身分、門地、本籍、出生地など社会的差別の原因となる事項や、思想・信条、労働組合への加入状況に関する情報の収集を禁止しています。

雇用をしたら労働条件の明示をする

 企業(使用者)が社員(労働者)を採用する=雇用するという行為は、法的には使用者と労働者が労働契約を締結する事を意味します。
 労働契約は、労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこの労働に対して賃金を支払うことについて、労働者と使用者が合意することにより成立するとされています(労働契約法)6条)ので、労働契約は口頭で成立しますが、実際には、トラブル防止のため、労働契約の内容について、書面により取り交わしをします。
 この時、一定事項については、書面を交付して明示することが、労働基準法により義務付けられています。

採用内定と試用期間

 採用が決まったら採用の内定を出します。
 この採用内定、特に新卒採用では多くのプロセスを経て採用に至りますので、ここにも法的な制約があります。
 法律の考え方では、採用内定を通知することで労働契約が承諾されたとされ、これにより労働契約が成立したとされます。とはいえ、内定によって労働契約が成立するといっても、通常の正社員の労働契約と同じではなく、卒業できなかった場合や経営が悪化するなど、内定当時予測できなかった事由が発生した場合のために、使用者による解約権が留保され、かつ、入社予定日を就労を開始する時期とする労働契約(始期付解約権留保付労働契約)とされています(大日本印刷事件最高裁判決S54.7.20)。

 内定を取り消しするという行為は、一旦成立した労働契約を反故にする事になるため、慎重な扱いが求められます。
 内定期間中は、まだ働いていないものの、すでに労働契約が成立していると認められる場合があります。労働契約である以上、労働契約法が適用になり、内定の取消には、解雇権濫用法理が適用になりますので(労働契約法16条)、企業だけではなく内定者(学生)の双方がこれを守らなければいけません。従い、企業側の事情により内定を取り消す場合には、きちんとした合理的理由および社会的相当性が必要とされます。
 なお、内々定のように労働契約が成立していないとされる場合でも、内定の期待が高いと判断されると、取り消しするにあたり民法709条に定める不法行為に基づく損害賠償が請求されることがあるので、注意する必要があります。

 入社した日から、多くの会社で、3~6か月程度を従業員としての適性を判断するための試用期間として設けます。
 会社は、この試用期間中に、特に問題がなければ本採用しますが、従業員としての適性を欠く、または健康に問題があるときなどは、本採用を拒否することもあります。この場合、試用期間の満了を持って労働契約を解消するという形になります。
 試用期間中も使用者と労働者は労働契約関係(解約権留保付労働契約)にありますので、本採用拒否も解雇として扱われ、客観的に合理的な理由と社会通念上の相当性がなければ無効とされます(労働契約法16条)。

お気に入りに登録

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら