経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営階層に求められる能力とは?

第3回  陰陽五行が示す経営プロセスサイクル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「陰陽五行」とは

陰陽五行とマネジメントサイクルの関係に入る前に、簡単に陰陽五行の解説をしたいと思います。
「陰陽五行」とは

 陰陽五行の思想は、儒教と共に日本に伝えられたといわれています。木→火→土→金→水(もく・か・ど・ごん・すい)という五気がめぐり、森羅万象を生み出していくという思想です。五行の「行」には、「循環」という意味があり、「五行」で「五気が循環する」ことを意味します。
 陰陽五行では、五行相生(そうじょう)と五行相剋(そうこく)という作用が有名です。木が燃えて火になり、火が消えて灰(土)になり、土の中に金(属)が生まれ、金の表面に冷えて水ができる、水は木を育む、……
 という好循環ですね。一方、五行相剋は、一つ飛びの二気関係です。「木は燃えて火となり、火が消えて土になる」ですが、木は成長して「土を侵す」。「火が消えて土になり、土の中に金が生まれる」ですが、火は強くなると「金(属)を溶かす」。「土の中に金が生まれ、金の表面に水ができる」ですが、土は盛り土となって「水をせき止める」。「金の表面に水ができ、水は木を育む」ですが、金は加工されて「木を切る」。「水は木を育み、木は燃えて火になる」ですが、水は集まると「火を消す」。つまり五行相剋は一本調子の五行相生だけでは駄目で、すぐに好循環を止める反作用が起きてくることを意味しています。成長曲線では、順調な成長の後に踊り場という横這い状態が現れますが、これは五行相剋が働いている状態と言えます。この反作用を新たな工夫をすることで乗り越えると次の成長曲線が始まる、ということになります。
 五行には、色も配置されています。青(木)・赤(火)・黄(土)・白(金)・黒(水)の五色です。日本の文化には、陰陽五行思想が根底に流れていて、例えば国技である相撲の土俵の上にある四つの房は、東に青房・西に白房・南に赤房・北に黒房となっており、黄色は土俵の色が示していて見事に五色が表現されています。
 又、五行には神獣も配置されています。青竜(木)、朱雀(火)、麒麟(土)、白虎(金)、玄武(水)の五神獣ですね。

お気に入りに登録

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら