経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

メンタリングで人や組織の可能性を引き出す

第2回  ボトムアップで強くてしなやか会社を作る3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第二ポイント~やる気の源泉の見つけ方~

 「自立創造型相互支援人材」とは、自分自身の最大限の力を発揮できるひと。
 そこに決まった形はありません。

 あえて言いましょう。
 AさんはAさんで素晴らしい。でもBさんもBさんでやはり同じくらい素晴らしい。
 そのように観ます。
 繰り返します。
 そう観るとわたしたちの側がまず決めます。

 Aさんの最大限の力は、積極性というところにあります。みずからどんどん動いて、ときに周りを巻き込みながら、みずから仕事を創り出し力を発揮し、成長し、周りに貢献することがAさんのよろこびであり、Aさんのやる気の源泉です。

 Bさんはどうでしょう。
 Bさんは積極的に動くことはないのかもしれません。しかしBさんは「いわれたことは確実にやる」ですとか、「リスクをつねに考えて行動している」という場面はありませんか。
 目立たないけれども、仕事やプロジェクトの、地味なだれもやらないことを黙々と担っているひとではありませんか?

 2つめのポイントは「ひとは違う」という認識です。
 全員がAさんになるのではなくそれぞれ違うひとが、それぞれ最大限の力を発揮することで、もっとしなやかで多様性の溢れる強い会社になっていきます。

 幕末に吉田松陰という人がいました。
 かれは藩の罪人として「野山獄」に収容されていたことがあります。そこにはさまざまな囚人がいましたが、あるとき松蔭は他の牢獄にいる囚人たちに向かって話しかけました。

「ひとはそれぞれ一つはかならず良いところを持っています。ぜひそれをお互いが先生となって学びあいませんか? わたしは孔子や孟子のことなら教えることができます。」

 それ以来、あるときは松陰が先生となり他の囚人に「論語」を教え、あるときは松陰が生徒となって他の囚人から「俳句」を教わったりと囚人同士がまるでサークルのように交流し、ついには看守までがその輪にはいるまでになりました。
 有名な「松下村塾」で、かれは当時の長州藩で一流の学者でありながら、塾の子どもたちにまるで英雄に接するように丁寧に、そしてやさしく接しました。そしてかならず良いところだけを観て褒め、それを伸ばす学習を勧めていました。
 この小さな私塾から何人もの幕末の偉人や、明治の総理大臣を出したのはご存知の通りです。
 むかしもいまも、ひとがみずからやる気を出す原則は変わりません。

 とはいえBさんのように積極的ではない社員をどう扱えばいいのかは、それでも悩ましいと思われるかもしれません。
 そのために、やる気を出すためのポイントがもうひとつあります。

第三ポイント~貢献したくなる人材を創るには~

 3つ目のポイント。
 それは「役割」という視点。

 メンタリングには、社員が上司を見てやる気を出すこともあれば、上司や経営者が社員を見てやる気を出すという相互に影響しあうことで全員が成長する相互支援の精神があります。

 会社というものは社長を頂点とし、社員をボトムとする三角形の形で組織が作られています。たしかに「会社人の集まり」としてみた場合には上下がありますが、「ひとの集まり」してとらえる場合には、本質的な上下はありません。どの「ひと」も無限の可能性をもった成長し続ける存在ばかりです。

 とすると会社における地位とは「能力で獲得され保証された立場」ではなく「役割」となります。
 生まれた年代も、場所も背景も違う「ひと」が、会社というビジョンの形にたまたま集まって役割を担っている、という視点。
 その視点が正しいか間違っているかは問題ではありません。
 そのように「観る」とわたしたちのほうが先に決めるということです。
 創業者には創業者の、社長には社長の役割、部長には部長の役割があり、社員には社員の役割があります。
 社員の中でも、積極的なAさんの役割もあれば、堅実なBさんの役割もあります。

 どんなひとにも貢献の欲求がありますが、貢献せよと外から押し付けられてやる気が出るひとはいません。あくまでも自分自身が、貢献できているという自己認識とそれを認めてくれるひと(仲間=社員、上司、経営者)がいるときに、やる気が内側から出てきます。
 その自己認識のためには、いま自分が全体のどの部分にどのように貢献できているのを知る必要があります。
 全体とは、会社でもありますが、より大切なことはその会社のビジョンや目指すところ。
 つまり、 会社が具体的にどのように社会に貢献できているのか。
 これは一般社員ではなかなかつかむことはむずかしい。だからこそそれを語ることが経営者や役職者の「役割」となるのです。

「わたしの仕事や、日々の事務を整理する仕事だ。でもこの事務を通じて、この会社の社員が事務作業で混乱することなく快く働くことができる、それを通じてこの会社が社会に良い商品やサービスや文化を届けて良くすることに貢献できている。」
 と、「ありありと具体的に認識」できたときに、ひとは自分の仕事や存在の価値に気づき、それをより高めたいとやる気を出していきます。

 それには認めてくれるひとが必要です。
 その役割を担うひとが必要です。
 つまり経営者や役職者であるあなたです。

 大切なことは、それを認めるひとも同じことを「本気で」信じていること。
 本気でビジョンを信じ、そのビジョンのためにそれぞれのフィールドで働いている社員の役割の重要性を認識していること。
 ひとはひとを見て成長し、ひとを見てやる気を出します。
 「会社都合」だけの認識は「ひと」にはすぐに伝わります。
 それは結果として「やる気がない」社員の続出となって現れています。
 まずは経営者や役職者こそビジョンを夢を語りましょう。
 そのビジョンや夢に社員は集まってきます。

お気に入りに登録

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら