経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

プロフェッショナルを活用する「プロパートナーズ」のススメ

第6回  「社外システム参謀」がITの課題を根本から解決!〔Part2〕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業が必要とするプロフェッショナルだけを必要な期間だけ提供する、「プロパートナーズ」というサービスが、企業の人材活用、プロ人材の働き方を大きく変えようとしている。

多角的事業で急成長しているサービス企業C社が、一度失敗した顧客管理システムの構築に成功。生産効率を向上させ、情報システム部門の育成も実現した。それを可能にしたのはプロの「社外システム参謀」を活用したことだという。はたして「社外システム参謀」とはどのようなプロフェッショナルなのか? どのようにシステム構築と情報システム部門の育成を達成したのだろうか?

取材対象者:
プロパートナーズ導入企業 C社 代表取締役 宝田光男さん(仮名)
プロパートナー      C社 社外システム参謀 三島信彦さん(仮名)

取材協力:
エッセンス株式会社(http://www.essence.ne.jp/

取材:
経営プロ編集部

Part2 色々な強みを必要に応じて活かせるプロパートナーという働き方
プロパートナー/C社「社外システム参謀」三島信彦さんに聞く、プロパートナーという働き方を選んだ理由、仕事の実際、これからの展望。

ITの経験スキルを活かして働きながら、新しいビジネスにも挑戦

−−−−まずこれまでのキャリアについて大まかに教えていただけますか?

三島 外資系のシステムベンダー数社で、SE、プロジェクトマネジャー、コンサルタント、プロダクト担当営業責任者などの経験を積みました。現在はIT業界の仲間と新しい会社を立ち上げ、全く別ジャンルのビジネスにも挑戦しています。


−−−−プロパートナーという働き方を選んだのはなぜですか?

三島 新しいビジネスを軌道に乗せるにはかなり時間がかかるので、並行して収益を得る手段が必要だからです。プロパートナーなら、新しいビジネスと並行して週に何日間かをIT関連の仕事にあてて、収入を得ることができます。仲間達ともそれぞれ色々なかたちでITの仕事を継続しています。


−−−−今は何社でブロートナーとしての仕事をしていらっしゃるのでしょうか?

三島 2社です。C社ともう1社。今はそれぞれ週1日ずつです。C社の場合は最初システム開発プロジェクト、次に情報システム部門の育成など、これまでの3年間で仕事の内容が変化していますが、もう1社は人材育成が主な仕事です。

大切なのはしっかり話し合い、信頼関係を築くこと

−−−C社と最初に接したときの印象はどうでしたか?

三島 とてもよかったです。一般的に急成長した新興企業はシステム、業務プロセス整備が遅れているだけでなく、システムに対するオーナーシップという姿勢が欠けていて、「お金さえ出せば、システムベンダーがすべてやってくれる」と思い込んでいることが多いんですが、C社はそうではなかった。それまでの失敗から学び、自分たちが主体となって、よりよいシステムを創っていこうという姿勢がありました。そういう姿勢を見ると、こちらもいいシステムを創るためにがんばろうという気持ちになります。


−−−−最初にそういうことを話し合ったのでしょうか?

三島 話しましたね。これまでどういういきさつがあり、何に困っているか、どういうシステムを作りたいかなどを、顧客管理担当役員としっかり話し合いました。当時C社には情報システム部門がなく、この役員が顧客管理システムプロジェクトの責任者を務めていました。システムの知識はありませんでしたが、顧客管理システムの重要性に対する意識、よいシステムを創ろうという意欲には並々ならぬものがありました。そこで彼と信頼関係を築けたことが、プロジェクトを成功させるための重要なポイントだったと思います。

お気に入りに登録

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら