経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

上場企業と非上場企業で意識に大差? SDGsに関する認知度調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「負担の大小にかかわらず、SDGsに取り組む人」は8割以上

「SDGsに取り組むうえで、負担をどの程度許容することができるか」を聞いたところ、「SDGsに取り組みたくない」と回答した人は全体で17.6%にとどまっている。結果、8割以上は、負担の大小にかかわらずSDGsに取り組むべきだと考えていることがわかった。「多少不便さや負担があっても、SDGsに取り組む」、「少しくらい不便さや負担があっても、SDGsに取り組む」、「不便さ・負担がない程度に、SDGsに取り組む」とした人はそれぞれ25%程度で、SDGsへの取り組みについては前向きな人が多い傾向にみえる。

近年、SDGsとともに、環境・社会・企業統治ESG(Environment Social Governance)という考え方も広まりつつある。企業には今後、SDGsとESGの両方の観点での事業活動が求められていくだろう。
「負担の大小にかかわらず、SDGsに取り組む人」は8割以上

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら