経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

多様性を受け入れる企業文化の実現の鍵は、経営層が「カルチャー・メーカー」になること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多様な企業文化の実現は、世界経済に大きな効果をもたらす

この調査では、経営層が「カルチャー・メーカー」になるための方策として、「リーダーとしての強い信念と覚悟」、「理解に根ざした言動」、「誰もが活躍できる環境」が有効な手段になると伝えている。

経営者が「カルチャー・メーカー」として多様な企業文化の実現を目指す取り組みを加速させることにより、世界で3兆7,000億ドルの経済効果をもたらすと推定されている。具体的な取り組みとして、「チーム内で重要な役割を担い、意思決定に影響を与える女性割合の増加」、「社員定着率の向上」、「経営層を目指す女性の割合の増加」などが挙げられる。
多様な企業文化の実現は、世界経済に大きな効果をもたらす

多様な企業文化の実現を目指すことで、すべての社員にメリットがもたらされ、企業はさらなるイノベーションと成長を実現することができるのではだろうか。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら