経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

約7割の企業が禁煙を推進するも、経営者が喫煙者だと取り組みにブレーキがかかる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今後の禁煙に関する方針については、禁煙実施企業と未実施企業とで差がある

禁煙実施企業と未実施企業それぞれに今後の禁煙に関する方針を聞いた。禁煙実施企業は、「これまで通り取り組む」(64%)と「積極的に取り組む」(26%)を合わせると、実に90%が取り組みを推進すると答えていた。一方、未実施企業は、「これから検討する」が49%で最多、「今後も取り組まない」という回答が17%だった。禁煙実施企業と未実施企業との間では、禁煙に向けた取り組みに対する温度差があるようだ。

望まない受動喫煙を防ぎ、社員の健康を守るためには、企業主導で社内禁煙を進めることが求められる。そのために、まずは経営陣の喫煙に対する意識改革が鍵となりそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら