経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「直接部下の顔をみて褒める」が重要!?…上司・部下のコミュニケーションギャップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 会社で部下や上司とのコミュニケーションは、円滑に取れているだろうか?
 普段から意識していても、毎日の業務に追われてなかなか自分のコミュニケーションを客観的に見ることは難しい。
 企業組織の中で、非常に重要視されるコミュニケーションについて、クラウド人材管理ツール『カオナビ』を提供する株式会社カオナビとパブリックスピーキング及びPRのコンサルティングを手掛ける株式会社グローコムがそれぞれ調査を実施した。経営層・管理職の立場なら、部下のモチベーションを維持・向上させ、マネジメントしていく必要があるが、上司と部下の意識ギャップについて興味深い結果がみられた。

社員の仕事のモチベーションが高まるきっかけ

 仕事のモチベーションが高まるときについて一般社員の回答の中で最も多かったのは「給料がアップした」が53.6%、「お客様にありがとうといわれた」が52.2%と、いずれも半数以上の回答結果になった。昇給などの「金銭的報酬」だけでなく、他人から感謝されたり褒められたりする「社会的報酬」も仕事のモチベーションとなっていることがうかがえる。

 また、「社長や上司から直接名前を呼んでもらって仕事の成果をほめられた」が33.0%、「同僚に感謝された」が31.8%と社内からの具体的な評価に対しても大きな割合を占めていた。
 この結果を受けて、部下のモチベーションをアップには、昇給や昇格に加え、「褒める」「評価される」ということが、大切だといえそうだ。

部下のねぎらいと名前の不一致

 経営者・役員、管理職に対して、「部下が仕事上の成果を上げた時に、どのようにして部下の労をねぎらいますか?」と質問に対して8割以上が「直接声をかけて顔を見てほめる」と回答した。
 このような回答の一方で「勤務先の部下の顔と名前が一致しないことがありますか?」との質問に対しては6割近くが「ある」と回答している。
 部下の顔と名前が一致しない結果、直接褒めることができない(褒めてもらうことができない)可能性があることを示唆しており、実際に名前がわからなかったことで、名前で呼ぶことができず気まずい思いをしたり、人物評価関連資料を確認する際に具体的に人物を思い浮かべることができないという声も調査回答には寄せられている。従業員規模や組織体制など様々な潜在要因が推測されるが、しっかりとした評価・声掛けを怠ることで、部下の成長を妨げてしまうだけでなく、上司としての威厳や魅力の低下や組織の弱体化など影響が大きいことを認識しておく必要がありそうだ。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら