経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

在宅勤務となり、配偶者やパートナーとの関係に変化はあったのか。自宅にいる時間が増えたことによる「現実的な課題」も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アデコ株式会社は2021年2月16日、「配偶者やパートナーが在宅勤務メインで働いている場合、相手との関係性がどう変化するか」をテーマにした調査の結果を発表した。調査期間は2020年12月25日~28日で、住居を共にする配偶者またはパートナーが週3日以上在宅勤務をしている20代~50代の男女759名(女性:400名、男性359名)より回答を得た。これにより、在宅勤務においてふたりの間に生じる影響や、自宅に長時間いることで生まれる課題が明らかとなった。

8割以上が相手との「関係がよくなった」と回答

働き方改革や新型コロナウイルスの影響により、在宅勤務が推進されている。同居する配偶者またはパートナーのメインの勤務場所が自宅となったことで、ふたりの関係性に変化はあったのだろうか。

はじめに、「配偶者またはパートナーが在宅勤務メインになってからの相手との関係」を尋ねた。すると、「良くなった」が82.7%と8割を超えた。また、「よくなった」という回答者に「その理由」を聞くと、「コミュニケーションが増えたから」が29.1%と最も多い結果に。以下、「家族で過ごせる時間が増えたから」が28.2%、「自宅にいてくれることで安心感が増したから」が18%と続いた。
8割以上が相手との「関係がよくなった」と回答

在宅勤務を「今後も続けてほしい」人は7割を超える

次に、「今後も配偶者・パートナーに現在の頻度で在宅勤務を続けてほしいか」を尋ねた。その結果、「とてもそう思う」、「どちらかといえばそう思う」の合計は76%と、継続を望んでいる人は全体の4分の3を占めた。
在宅勤務を「今後も続けてほしい」人は7割を超える

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら