経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

テレワークに関する不安感についての調査からわかった、テレワーカーと出社者双方のケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出社者側が感じるテレワーカーに対しての不満

一方で、出社者はテレワーカーをどのようにみているのだろうか。出社者がテレワーカーに対して感じている疑念や不満について尋ねてみたところ、「さぼっていると思うことがある」が34.7%、「相談しにくい」が32.3%と、評価やコミュニケーションにおいて疑念を抱いていることがわかる。また、出社者の58.1%は、テレワーカーに対して1つ以上の不満を抱いており、「一緒に仕事がやりにくい」、「不公平感がある」といった感情を持っていることが見て取れる。
出社者側が感じるテレワーカーに対しての不満

テレワーカーの増加に比例して、出社者の疑念や不満が増加

職場内のテレワーカーの割合は、出社者の疑念・不満感の高まりに影響があるのだろうか。この調査では、職場内のテレワーカーが増えるに比例して、出社者がテレワーカーに対して抱く疑念や不満が増えていることがわかった。出社者の割合が少なくなればなるほど、出社者は「損をしている」という感情が湧きやすいのではないかと推測できる。
テレワーカーの増加に比例して、出社者の疑念や不満が増加

テレワークではさまざまなコミュニケーションが減少傾向に

テレワーカーのマネジメントではどのような課題があるのだろうか。調査によると、実際に会って顔を合わせる「対面」と、ツールを用いた「非対面」とでは、非対面時の方が「報告」、「連絡」、「相談」、「雑談」の全てにおいて減少傾向にあることがわかった。特に「雑談」に関して、「Web会議、テレビ会議」では数値が低く、気軽にコミュニケーションがとりにくい状態になっていることがわかる。

今後も、新しい働き方としてテレワーカーと出社者が混在する職場は増えていくだろう。テレワーカーがストレスを抱えやすい状況と、出社者側が不満を抱えやすい状況とが異なるため、双方への配慮が不可欠だといえる。

また、テレワークでのコミュニケーションを円滑におこなうためには、マネジメント層は「部下の情報を把握するための『観察力』を高めること」、「部下とのコミュニケーションを意識的に増やすこと」などが求められてくるのではないだろうか。

アフターコロナも継続的にテレワークを進めていく企業では、テレワーカーと出社者の双方が不安や不満を抱えずに業務を進められるよう、一人ひとりに寄り添ったマネジメントをおこなっていく必要があるかもしれない。
テレワークではさまざまなコミュニケーションが減少傾向に

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら