経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「働き方改革」へ取り組む企業は約6割。帝国データバンクが企業への意識調査を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さらに、働き方改革への取り組みで最も重視する目的について聞いたところ、最多は「従業員のモチベーション向上」で32.4%となった。次いで「人材の定着」が20.2%、「生産性向上」が13.5%だった。「従業員の心身の健康」(11.4%)もあがっていることから、働き方改革への取り組みが従業員に与える影響を重要視する傾向がうかがえる。

働き方改革関連法の施行まで3カ月となった。まだ取り組みを開始していなかったり、必要性に懐疑的だったりする企業が一定数あることが明らかとなったが、「柔軟な働き方の実現」や「公正な待遇の確保」など、法に則した対応をするためにも、企業にとって働き方改革に取り組むことの重要性は増すと考えられる。

まずは、「休日取得の推進」といった実効性が数字に表れた項目から取り組んでみてはどうだろうか。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら