経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

企業に合っている人材ほど、自社からの評価が見えない ― ミライセルフ調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この調査でも直前の調査と同様に、社風との適性が低いグループは「評価されていない」という回答が増える一方で、社風との適性が高いグループでは「評価されている」という回答が減少し、「どちらでもない」が増加する傾向が確認できた。

自分自身が「現在勤めている会社の社風に合っている」ことと、「会社から高い評価を受けている」ことはなかなか自覚しにくいという結果となったが、ミライセルフは「会社からの評価は、面談や待遇などから認識しやすいこと」と指摘している。つまり、今回の調査結果は、会社の文化への適性が高く、会社が高く評価している人材に対して、評価を明確に伝えることができていない企業、良い待遇を提供できていない企業が多いということを示していると考えられる。このままでは、長く活躍してくれる可能性が高い人材が、会社からの評価に不満を覚え、退職という道を選んでしまう可能性が高くなるとミライセルフは指摘している。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら