経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「リフレクション(振り返り)」と「キャリア展望」との関係性とは? 全国2.4万人規模の調査からの検証と考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社パイプドビッツの研究機関は、全国2.4万人規模を対象に実施した調査データを分析し、「リフレクションとキャリア展望との関係性」について検証。労働者のキャリアを築くために、組織やマネージャーがどのように支援すべきかを考察した結果を公表した。

本分析ではまず、【リフレクション能力の高さを測る調査項目】を以下のように定義した。

●仕事を通じて成長している
●上長に認められている
●周りに頼りにされている
●仕事について一定規模にまとめた進捗報告を上司に行い、合意形成できている
●会社や職場の課題を自身のミッションとして発案できる


■5つの調査項目のうち、正規雇用の労働者が「そう思う」または「ややそう思う」と回答した項目数の割合

・0項目……39.9%(2,961人)
・1項目……20.3%(1,505人)
・2項目……14.0%(1,040人)
・3項目……10.3%(760人)
・4項目……7.7%(572人)
・5項目……7.8%(575人)

該当数が1つもない労働者は39.9%で、全体の4割近くもいることが明らかとなった。また、5項目すべてに該当した労働者はわずか7.8%で、全体の1割に満たなかった。

この結果から、リフレクション(振り返り)能力が高いと言える労働者は、決して多いとは言えない状況が見て取れる。

■5つの調査項目の該当数別に「今働いていることが将来なりたい自分につながっていると感じるか?」と尋ね、「そう思う」または「ややそう思う」と回答した割合

・0項目該当者……2.9%
・1項目該当者……12.7%
・2項目該当者……23.3%
・3項目該当者……35.7%
・4項目該当者……46.5%
・5項目該当者……73.4%

「そう思う」または「ややそう思う」と回答した人はすなわち、「キャリア展望あり」と言えるが、この「キャリア展望あり」の割合は、該当項目数が多いほど高くなっていることが明らかとなった。

5項目すべてに該当した労働者においては、実に7割以上が「キャリア展望あり」となっている。

この結果から、リフレクション能力が高い労働者ほど、リフレクションを通じてキャリアにおける「気づき」を得て、キャリア展望を描くことができていると考えられる。

ただし注意したいのは、前述のように、5項目すべてに該当した労働者は全体の1割未満であるという点だ。

そのため、今後、組織やマネージャー、キャリアコンサルタントは、労働者にリフレクション能力を身につけさせ、「気づき」を与えられるようなジョブ・アサインメントを含む施策、または、厚生労働省が進めるジョブ・カード等のツールの導入などを検討すべきだと考えられる。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら