経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

勤務条件の改善についてのアンケート調査 「満足していない」は46%、要望をしても85%が未改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディップ株式会社は2018年6~7月、自社が運営している総合求人情報サイトのユーザー1,447名を対象に、「勤務条件の改善についてのアンケート」を実施、結果を公表した。

■現在の勤務先の勤務条件に満足していますか?

・とても満足している……5%
・満足している……27%
・どちらでもない……22%
・満足していない……33%
・まったく満足していない……13%

現在の勤務条件に満足しているとの回答は32%にとどまり、半数近くになる46%が不満を示していることが明らかになった。

■勤務条件の改善を勤務先に要望したことがありますか?

・ある……43%
・ない……57%

▼「ある」と回答した人に聞いた「要望した後に勤務条件は改善されましたか?」

・改善された……15%
・改善されなかった……85%

▼「ない」と回答した人に聞いた「今後勤務条件の要望をしたいと思いますか?」

・いつか要望してみたい……36%
・今後も要望することはない……64%

また、改善を要望したことがあると答えた人は全体の43%を占めたものの、結果として改善がなされたのはわずか15%にすぎず、要望に対する改善状況が思わしくないことを示唆しており、ユーザーからは、勤務先が勤務条件の改善に努めてもらうために、「勤務条件を改善した企業を優良企業として評価する」、「勤務条件を改善しない企業へ罰則を設ける」などを希望するコメントが寄せられた。

■現在の雇用形態はご自身の希望通りのものですか?

・希望通りの雇用形態……34%
・希望してない雇用形態……32%
・特に雇用形態にこだわっていない……34%

「希望通り」、「希望と異なる」、「こだわっていない」がほぼ3等分する形となった。

希望とは異なる雇用形態で働いている理由としては、「年齢の壁がある」、「正社員の条件が厳しい」、「条件が合えば雇用形態にこだわらない」などのコメントが寄せられている。

■「被雇用者が改善して欲しいこと」と「雇用主が実際に改善したこと」

・給与を増額……<被雇用者62%><雇用主38%>
・評価・昇給・昇給制度の整備……<被雇用者28%><雇用主8%>
・自分に合った仕事内容……<被雇用者21%><雇用主14%>
・正規雇用者と同等の処遇……<被雇用者20%><雇用主9%>
・休日・休暇の取得……<被雇用者13%><雇用主7%>
・福利厚生の充実……<被雇用者12%><雇用主7%>
◎自分に合った勤務時間……<被雇用者10%><雇用主11%>
・社会保険を拡充……<被雇用者8%><雇用主7%>
◎残業時間を短縮……<被雇用者7%><雇用主15%>
・働く場所・時間の選択……<被雇用者7%><雇用主5%>
◎自分に合った雇用形態……<被雇用者6%><雇用主7%>
◎時短労働……<被雇用者4%><雇用主9%>

(※雇用主のポイントが上回っている項目に◎)

雇用者が改善して欲しいことでは、「給与を増やして欲しい」が62%で最多。次いで「評価・昇給・昇格制度を整えてほしい(28%)」、「自分に合った仕事内容にして欲しい(21%)」が続いた。

雇用者が改善して欲しいことと、実際に勤務先が改善したことの割合を比較したところ、増加が見られたのは「残業時間の短縮」「時短労働勤務」「自分に合った勤務時間」などで、“勤務時間”に対する要望については大きく改善できる傾向にあった。

一方で、「給与の増加」、「評価・昇給・昇格制度を整える」、「正規雇用者と同等の待遇」など、企業の人事制度や待遇面での改善は低い傾向にあることが分かった。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら