経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

起業家の8割以上が「整ったオフィス環境はビジネスによい影響を与える」と回答。「オフィス環境に関する調査」より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東急不動産株式会社は、2018年8月、会社員経験を持つ30~54歳の起業家の男女600人を対象に、「起業とオフィスに関する実態調査」を実施、結果を公表した。

対象者のうち「オフィスを借りて仕事をしている」と回答した人に対し、「起業後のあなたのビジネスは軌道に乗っていますか?」と質問したところ、「はい」と回答したのは71.5%であった。

「オフィスを借りず、自宅やカフェなどで仕事をしている」と答えた人に対し、同様にビジネスが起動に乗っているかを訊いたところ、「はい」と回答した人は49.9%に留まった。

これらのことから、オフィスで仕事をしている人のほうが、ビジネスが軌道に乗っている傾向にあることが分かった。

また、全対象者に「整ったオフィス環境がビジネスに良い影響を与えると思いますか?」と質問すると、85.1%が「影響を与えると思う」と答えた。ビジネスを軌道に乗せるには、まずオフィス環境を整えることが必要だということが分かる。

「起業後に『自分がしなくてもいいと思う仕事』が増えましたか?」との問いには、ビジネスが「軌道に乗っている人」の60.3%、「軌道に乗っていない人」の39.3%、全体で51.5%が「増えた」と感じていることが分かった。

「オフィスを選ぶ際に重視したことはなんですか?」との設問に対する回答は以下の通りであった。

1位:集中できる環境が得られること(43.8%)
2位:通勤の便、通勤時間の短さ(33.2%)
3位:ビジネスに有利な立地(27.5%)

オフィスには集中できる環境と、通勤・ビジネスに有利な立地が求められることが分かった。

アンケートを通し、ビジネスで成功するためにはオフィス環境の整備が重要であることを改めて認識する結果となった。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら