経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

日本人ビジネスマンの43%がデジタルエコノミーのもとで職を失うリスクありと回答。これからの時代に求められるキャリア形成とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルエコノミーとは、コンピュータによる情報処理技術によって生み出される経済現象のこと。今や社会のあらゆる場⾯でデジタル化が進んでおり、望むと望まざるとにかかわらず、企業のデジタル化は避けられない。2018年7月、ワークデイ株式会社は、IDC社と共同で実施した「デジタルエコノミー時代における従業員の意識調査(対象:日本を含むアジア パシフィック諸国8か国1,404名の従業員)」の結果を発表している。これを起点とし、デジタルエコノミー社会におけるキャリア形成について考える。

デジタルエコノミーの動きへの不安感

同調査では、日本の従業員のうち43%がデジタルエコノミーのもとで職を失うリスクがあると考えており、29%が職場に不満を覚えていることが明らかになった。

また、伝統的な日本の雇用慣行である終身雇用制度に反し、ほぼ4分の1(23%)の従業員が、1年以内に離職・転職すると回答。主な理由としては、「給与面(23%)」、「職の将来性(14%)」、「ワークライフバランス(13%)」があげられた。

調査対象となったアジア パシフィック諸国(日本ほか香港、オーストラリア、ニュージーランド、タイ、シンガポール、マレーシア、韓国)の中でも特に日本の回答者は、スキルに対する強い懸念を抱いており、64%が「デジタルエコノミーのもとで競争できる適切なスキルが無いことに不安を抱えている」と回答している。

これと類似した調査は他にもある。エン・ジャパン株式会社は、2017年11月、ミドル層専用の転職求人サイト『ミドルの転職』上でサイトを利用している転職コンサルタントを対象として、「AIに代替される仕事/されない仕事」についてのアンケート(有効回答数 : 181名)を実施している。

調査によると、「現在担当している業務の中に、10~20年以内にAIに代替されてなくなってしまう業務はあると思いますか」という問いに対し、81%が「あると思う」と回答。


8割以上が答えた「これからAIにとって変わられる職種・業種」とは?
記事後半ではデジタルエコノミーの時代背景から見るキャリアプランについても!


この続きは会員の方のみ閲覧いただけます。
会員の方はログインして、このままお進みください。



お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら