経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

なぜ高い賞与を与えても従業員のやる気が上がらないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「従業員のモチベーションを上げたい!」

従業員の仕事へのモチベーションは業績に直結するため、経営者の方なら当然、「従業員のモチベーションを上げたい!」といった要望をお持ちではないだろうか。従業員のモチベーションアップのために、人事施策として一番始めに考えられるのは、やはり賃金や賞与の金額アップかと思われる。しかし、多く聞かれる悩みとして、「同業他社より給与もボーナスも多く支給しているのに、なかなか従業員のモチベーションが高まらない」というものがある。果ては、半期で数百万円という賞与を支給しているにも関わらず、人がどんどん辞めていく、という職場もあるようだ。

人の行動は周囲からのフィードバックに左右される

賞与や賃金アップが従業員のモチベーションアップにつながらない、それはどうしてなのだろうか? 実は心理学(特に当社代表の流派である行動理論)の観点から考えれば、この結果は当然であると言える。人は良い行動が出た後に、すぐに褒められると(褒め方は様々だが)、その行動の出る確率やその行動が維持されることが多くなる。

例えが動物で恐縮であるが、テレビで見る麻薬探知犬は、麻薬を探知してその隣に座ると即座に人間から餌を与えられ、褒められるという考えが刷り込まれている。その結果、その行動が麻薬探知犬にとって維持されているのである。

人に置き換えると、例えば、「会議で積極的に発言する」→「褒められる」という流れが固定されれば、会議で積極的に発言する行動は増えるだろう。

一方、「会議で積極的に発言する」→「『空気を読め』と怒られる」という流れが固定されれば、会議で発言する行動は減るだろう。

このように、従業員の行動は案外、行動直後の周囲からのフィードバックに左右されているのだ。ただし、従業員は人であるから、動物のように即時フィードバックだけが効果的なわけではない。人には言葉があるため、即時でなくても後で、「先週のあの行動よかったよ」などと褒めることもできる。

とは言っても、ここからが大切なところなのだが、言葉によるフィードバックにも“有効期限”があるのである。

フィードバックの“有効期限”と、効果的なフィードバックのポイント

言葉によるフィードバックの有効期限は、心理学的には最長2週間と言われている。鋭い経営者の方であれば、ここで「なるほど!」とご納得されるかと思う。

そう、例え従業員が良い行動を起こしたとしても、賞与というフィードバックでは、通常半年後に褒められるということになる。昇給も同じだ。多くの会社で年に1回だけ褒められることになるのである。これだと従業員自身は、どのような行動をしたから褒められているのかわからない。では、従業員へのフィードバックはどのような形で行えば良いのだろうか?

方法はいろいろと考えられるが、良い行動が起きた時にすぐに褒められる環境をつくることが大切である。有名な例だと、某アトラクション施設では、よい行動が見られた社員はその場で褒めるカードが渡される。そこには具体的な行動が記載され、その後の人事評価にもつながるのだ。

当社では、毎週面談をして、具体的な行動ができていたかできていなかったかのフィードバックをすることをお勧めしている。初めは、大変だという声が聞こえてくるのだが、やってみると案外楽だったりする。それどころか、「部下とのコミュニケーションが円滑になった」、「幹部が管理職意識を持つようになった」という声もいただいている。

大切なポイントは、従業員に望ましい行動が見えた時に、経営者として、適切に且つできるだけ早く、褒められる状態になっているか、ということである。

このポイントで是非社内を見渡して、従業員のモチベーションが上がる環境を整えていただきたいと思う。


koCoro健康経営株式会社 代表取締役
Office CPSR 臨床心理士・社会保険労務士事務所 代 表
一般社団法人 ウエルフルジャパン 理 事
産業能率大学兼任講師
植田 健太

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら