経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

人とロボットが混在した業務プロセスの可視化と統制を可能に。クレオの内部統制対応RPAサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RPA活用本格化に向け、業務プロセス管理機能を拡充予定

株式会社クレオ ソリューションサービスカンパニー マーケティング統括部 プロモーション部・部長の平田恵輔氏によれば、同社がこのRPAサービスの提供を開始したことへの反響は大きいとのこと。内部統制対応に加え、人事・経理・ITという個別の部門向けにRPAをサービス化することに関しても、多くの期待が寄せられているという。「業務視点の提案を行うRPAサービスは、現時点ではまだまだ少ないようです。ERPとBPMの提供によってすでに業務を把握しているクレオが、こうしたサービスをご提供することで、業務自動化に高い実現性を感じていただいております」と平田氏は話す。

サービス提供を開始したばかりだが、今後のサービス拡充に向けて準備も抜かりない。「現在のサービスでは、ロボットの不正使用や改ざんの制御、ロボット管理者向けの問い合わせ業務の負担軽減とナレッジ活用までを可能としていますが、さらにRPA活用が本格化すると、新たなオペレーションや統制対象となる業務プロセス管理の必要が増えると想定されます。それに備え、統制対象のプロセスを簡単に追加できるようなサポートを考えています」(平田氏)

昨今、生産性向上の切り札的な施策として脚光を浴びているRPAによる業務自動化だが、いずれ、企業の中で人とロボットが共に働くことは当たり前の時代が来るだろう。人に対して勤怠管理を行うように、ロボットに対しても管理を行い、ガバナンスを効かせながら基幹業務の生産性を向上させていく。今後経営においては、このような体制を早めに構築できるかどうかが問われてくるのかもしれない。


問い合わせ先:

株式会社クレオ
CREO-RPA〈業務自動化サービス〉

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら