経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

90%のミドルが「リカレント教育を受けたい」と回答 増加する「まなミドル」に注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年2月、人材採用・入社後活躍サービスを提供するエン・ジャパン株式会社は、同社が運営するミドル世代のための転職サイト「ミドルの転職」上で行った、リカレント教育についてのアンケート調査の結果を発表した。調査は、サイトを利用している35歳以上のユーザーを対象に、2018年1月4日~1月31日の期間で行われ、2,204名から回答を得ている。調査結果からは、ミドルの求める学習の在り方や、学習を求める理由、学習を妨げる要因などが明らかになった。同結果を見ながら、今後活発化が予想されるミドルのリカレント教育について考える。

人づくり革命で注目されるリカレント教育

「リカレント」とは、「反復」「循環」といった意味を表す言葉。そして「リカレント教育」とは、学校教育を終えた社会人が、大学などの教育機関に学生として戻り、再教育を受けることを指す。スウェーデンにて発祥し、1970年代、OECDの教育政策会議で取り上げられ、国際的に知られるようになった。社会の変化が急速化するなか、既存の知識やスキルが古くなり、使えなくなることを防ぐため、それらを更新していくことを主な狙いとしている。

リカレント教育が、近年再注目されたのは、安倍内閣の掲げる「人づくり革命」によるところが大きい。人づくり革命では、国民一人ひとりが能力を向上させ、誰もが就業機会と教育機会を均等に得られるようにするための施策として、リカレント教育を重視している。人生100年時代といわれるなか、繰り返し学びなおすことで職能を磨き、一人ひとりができるだけ長く就労できるようにすることも、視野に入れているようだ。

9割が「リカレント教育を受けたい」と回答。長期的なキャリアを見据えた知識・スキルにニーズ

エン・ジャパン株式会社の調査によると、回答者の90%が「今後リカレント教育を受けたい」と回答している。社会情勢上の注目だけでなく、現場においてもリカレント教育へのニーズが高まっていることが表れた形だ。

また、「今後リカレント教育を受けたい」と回答した人に、何を学びたいかを尋ねたところ、「英語などの語学力」(58%)、「経営・ビジネスに必要な知識や能力」(57%)、「専門的な資格の取得」(48%)といった回答が上位を占めた。

株式会社リクルートマーケティングパートナーズが2017年に実施した「人気おケイコランキング」調査では、実際にミドル(35~49歳)が1年間に実施した学び事・習い事の詳細が明らかになっている。

ミドルの男性518人が実施した学び事・習い事の上位20位までを見てみると、「語学」では、英語が2位以下を大きく離して1位を継続する一方で、中国語が大きくジャンプアップ。「経営・ビジネスに必要な知識や能力」では、簿記、ワード・エクセル、SE・プログラマ、WEBクリエイティブのほか、ビジネススクール・MBAが、調査開始以降、初めてランクイン。「専門的な資格」では、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士、行政書士といった項目が挙がった。現在の仕事はもちろん、時代の変化と、自身の今後の長期的なキャリアを見据えたうえで、何を学ぶかを選択していることがわかる。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら