経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営的メリットが大きいリファラル採用の立ち上げをプロが支援。 リフカムのコンサルティングサービス、「Referral Success Partner」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社員の知人や友人を紹介・推薦してもらう採用手法、リファラル採用は、質の高い候補者が低コストで獲得できる上、定着率も高いとされ、経営面のメリットは大きい。しかし日本では、手間がかかりそうだと敬遠したり、制度を導入してもうまく機能しなかったりする企業が多いようだ。そうした状況に対応し、リファラル採用を活性化させるクラウドサービス「Refcome(リフカム)」を提供する株式会社リフカムでは、リファラル採用を成功へと導くコンサルティングサービス、「Referral Success Partner」をスタートさせている。

リファラル採用で成果を上げている企業は少ないのが現状

優秀な人材がなかなか採用できない、採用しても離職率が高い、採用コストが増大している、といった悩みを抱える企業は多い。このような経営課題に対し、世界的に注目されているのが、今や米国の企業では当たり前の採用手法となったリファラル採用だ。そのメリットは、従来の人事部主体の採用と違い、全社員が採用活動に取り組み「この人なら自分の会社に合うだろう」と紹介するため、入社後のミスマッチが低減されることや、積極的に転職を考えているわけではない潜在層など、質の高い候補者を獲得できることだ。もちろん、採用コストの削減効果も圧倒的に大きい。

とはいえ、リファラル採用の日本の企業への普及はまだまだ遠い。「メリットが大きいことは魅力だが、手間がかかりそうだ」と導入に踏み切れない企業や、導入しても、「制度があるだけの状態で、社員にあまり紹介してもらえていない」という企業が多いのが現状だ。

そうした中で、リファラル採用の制度設計から施策案の作成、立ち上げ、運用代行まで、リファラル採用を実際に成功させるための支援を行うコンサルティングサービスが登場した。株式会社リフカムが提供する「Referral Success Partner」がそれだ。同社では、リファラル採用を活性化するクラウドサービス「Refcome(リフカム)」を2016年7月から運営開始して以来、100社ほどのリファラル採用の立ち上げ、運用支援を行ってきた。これまで同社が蓄積してきた、「このような企業の場合、どうすればリファラル採用で成果を上げられるか」というノウハウやデータが活用されているのが、このサービスだ。

リファラル採用の成果を最大化し、手間を削減する支援を実施

リフカムが提供しているクラウドサービス「Refcome(リフカム)」は、採用担当者が募集ポジションごとに社員への紹介協力を周知できる紹介依頼機能や、社員が知人、友人に「特別な招待ページ」を送るだけで紹介作業が完結する機能を持ち、採用担当者や紹介してくれる社員の手間が削減されるツールだ。社員の誰が、何人のどのような人に招待を送ってくれているか、それが採用につながっているかどうかが簡単にわかり、その効果測定に基づいて新たな施策を打っていくこともできる。

同社によれば、リファラル採用の立ち上げにおいては、こうしたシステムを導入して効率化するだけでなく、どのような施策を実施して社員を巻き込んでいくかといった、アナログなアプローチが非常に重要であることがわかってきたという。

そこで、「Referral Success Partner」では、こうしたアナログなアプローチを含めて、その企業に合ったリファラル採用の効果的な目標と行動計画、立ち上げ施策を策定し、その実施をサポートする。リファラル採用制度を社員に周知するポスターなどの作成や、説明会開催の代行支援、協力してくれた社員の表彰制度やインセンティブの設計に関するノウハウ支援も、要望に応じて行われる。サポート形態としては、同社スタッフが社内制度の設計や施策の提案会議を定期的に行う形のほか、同社スタッフが導入企業に常駐することも可能だ。

また、実施した施策の結果をもとに制度の調整を行い、一過性で終わらず継続的に運用していけるリファラル採用となるよう、長期的なロードマップの策定やオペレーションの設計を行う。このように、リファラル採用が回る仕組み作りを3カ月間かけて支援していく。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら