経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

HRテクノロジーにより、人事業務を見える化。経営効率化に貢献する戦略人事クラウド「HRMOS」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界規模で人材獲得競争が激化する中、経営者のパートナーとして人材戦略を立案・実行する「戦略人事」がますます求められるようになっている。しかし、多くの企業では、人事業務は主に経験や勘に基づく属人的な判断によって行われ、データによる可視化や分析に基づいた戦略的な判断ができていないのが実情だ。そこで最近、HRテクノロジーを導入し、経営に資する戦略人事を実現させようという動きが進み始めている。そうしたサービスのひとつが、株式会社ビズリーチの提供する戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」だ。

「感覚的な人事」を「データに基づく人事」にどう変えるか

自社の人事について、「データではなく、感覚的な評価に基づいて判断している」、「施策を打っても、費用対効果を明確に検証できない場合が多い」といった不満を持っている世の経営者は多いかもしれない。従来、企業の人事業務には属人的なノウハウや勘が重要とされる面が多分にあったが、これは、人を扱う人事の業務は可視化が難しかったことも原因のひとつだろう。

しかし最近、欧米を中心として、HRテクノロジーの導入によって人事業務を可視化し、データに基づく人事、経営に資する戦略人事を実現させようとする企業の動きが活発になっている。このトレンドに沿った形で誕生したサービスが、株式会社ビズリーチが2016年6月から提供している戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」だ。

「HRMOS」は、人事組織データベースを中心として、人材の採用から登用、評価までを最適化するクラウドサービス。人事業務の非効率をなくし、最適な戦略を描けるように、AIがサポートする点が特徴だ。「HRMOS」が提供する各種の人事管理サービスが人事組織データベースと連携し、さまざまなデータが一元的に集約されるため、経営者や人事は、これらをリアルタイムに分析し、課題を抽出できるようになる。また、人事データをAIに機械学習(深層学習)させることで、人事業務において属人的・あいまいに判断されていたことが可視化されるので、基準の明確化につながることが期待できる。これまでの「感覚的な人事」を「データに基づく人事」に変えるために必要な仕組みを、クラウドで簡易に導入できるサービスといえるだろう。

採用の施策においてPDCAサイクルを回せる

「HRMOS」では、人事にまつわる採用・勤怠・評価・人材開発・組織・健康・経費・給与などの管理を最適化するサービスが順次提供される予定となっているが、その第1弾としてリリースされたのが「HRMOS採用管理」だ。

このサービスは、応募者とのメールのやりとりや日程調整、選考管理、人材紹介会社とのやりとりなど、全てを「HRMOS採用管理」で行えるため、煩雑な採用業務を効率化することができる。また、応募者数や面接実施数、面接官の評価など、採用のあらゆる情報がリアルタイムで可視化されるので、採用経路別のROI、採用目標に対する進捗や、各施策の効果などを明確に把握できるようになる。数値に基づいた戦略的な意思決定を行え、さらには各施策においてPDCAサイクルを回せるようになるため、採用力の向上と採用コストの圧縮も期待できるだろう。

さらに「書類選考評価予測AI」や、「ビズリーチ」サービスの人材データベースから候補者をレコメンドする機能も搭載されており、採用ミスマッチ低減を実現可能だ。2017年8月には、経済産業省後援「第2回HRテクノロジー大賞」の採用サービス部門優秀賞を受賞するなど、技術的に高い評価を受けている。株式会社ビズリーチ広報室の寛司絢子氏によると、将来的にはHRMOSシリーズで「評価管理」などのサービスの提供を予定しており、入社後にどのような人材が活躍しているかをAI で解析し、その情報を採用担当者にフィードバックする機能も検討しているという。そうした情報を活用し、自社でハイパフォーマーになりそうな人材にピンポイントでアプローチできるようになれば、企業の成長力をより高める採用につながりそうだ。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら