経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

働くシニアの実態調査結果 60歳を超えて働くモチベーションとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社大和ネクスト銀行は、働くシニアの就業実態と生活実態を探るため、全国の働くシニアを対象に、仕事と生活に関する実態調査を実施。60〜79歳の男女1,000名の有効サンプルを集計した。

シニアが働くモチベーションを明らかにするため、全回答者に現在働いている理由について聞いたところ、最も多かった回答は「日々の生活費のため」の56.4%であった。次いで「社会や人との接点のため」が45.6%、「健康維持のため」が44.1%、「今後の生活費のため」が43.8%、「生活にハリがほしいため」が35.0%と続いた。ここから、収入だけでなく、生きがいや充実感を求めて仕事をしている人も多いことが伺える。

性年代別にみると、70代男性では「健康維持のため」が64.1%と最多回答になった。一方、70代女性では「生活にハリがほしいため」(51.9%)、「仕事が好きなため」(46.2%)、「自分を成長させるため」(21.7%)が他の性年代層と比べて突出して高く、向上心を持ってイキイキと働くシニア女性の姿が浮かび上がる結果となった。

現在の仕事を選ぶ際に、どのような仕事・職場では働きたいと思っていたか理想を聞いたところ、1位は「希望する勤務時間で働ける」(43.0%)、2位「勤務先が自宅から近い」(42.1%)、3位「自分のスキル・経験が活かせる」(42.0%)と、ほぼ同率で3項目が並んだ。勤務時間や自宅と職場の距離のほか、自分のスキルや経験を活かせるかどうかも重要なポイントとなっていたようだ。ちなみに「賃金が高い」は、17.0%で9位にとどまっており、高賃金を期待して働くシニアはそれほど多くないことを示している。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら