経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

企業成長のカギとして注目される、社内コミュニケーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュニケーションは、その頻度が重要

社内コミュニケーションを真に活性化させ、生産性の向上を図る取り組みとして注目されているのが、ヤフー株式会社が2012年から行っている「1on1ミーティング」だ。
「1on1ミーティング」とは、上長と部下の定期的な対話のことである。半年や1年に1度の評価時に業績フィードバックの面談を行っている企業は多いだろうが、「1on1ミーティング」はそれとは頻度や内容が大きく異なる。

「1on1ミーティング」では1~2週間に1度、1回約30分間、上司と部下が「わざわざ時間をとって」一対一で対話をする。2012年の人事改革で人事部門の責任者となった本間浩輔氏が、自身の過去の経験から得た「コミュニケーションは頻度」という考えをもとに、この制度を始めた。
目的は、業績面談のような成果確認や評価フィードバックではなく、上司と部下の間で質の良いコミュニケーションをとることにある。社会全体で若者のメンタルダウンや早期離職が問題となる中で、社員の声に耳を傾けることでモチベーションを高く保ち、一人ひとりのパフォーマンスを上げて企業の成長に繋げていくことが狙いだ。
30分間は「部下のために使うこと」が定義づけられており、業務の進捗確認を行ったり、問題解決をサポートしたりして、対話を通して個人としての目標を共有し、成長支援に繋げる時間になる。
効果的な「1on1ミーティング」を実施するため、管理職は「コーチング」「ティーチング」「フィードバック」のスキルを身に付ける訓練を受けていると言う。

最初の頃は、反対の声が聞こえたり、上司がうまく部下の話を聞けなかったりしていたようだが、現在では社員の約9割が隔週1回以上、30分程度の「1on1ミーティング」を行い、「1on1は価値があるもの」という認識がヤフー社員の間に広まっているようだ。

社員の特性を正しく理解し、組織成長へ

対面で会話すると、文字面だけではわからないことや本音が見えてくる。さらに、コミュニケーションを通じて部下の得手不得手を理解することは、スキルやタレントを発掘することに繋がるだろう。
社員の特性を掴むことは、昨今日本でも重要視されるようになっている「タレントマネジメント」の一部とも言える。タレントマネジメントとは、社員の適性を活かした戦略的な人員配置や人材開発の仕組み・概念のことを指す。労働力人口の減少、働き方の多様化など、効率的な人員活用が求められる時代の中で注目されている。社員一人ひとりの特性、スキルや目標を正しく理解できるか否かが、これからの企業力を左右する鍵となると言っても過言ではないだろう。
社内コミュニケーションを組織の成長へとうまく繋げるためには、対話というソフトな面からのアプローチと、それを仕組み化・管理手法といったハード面の両輪が重要になるだろう。そして、社員のモチベーション維持やさらなるパフォーマンスの向上に繋がり、企業側もさらに強い組織体制を実現できるのではないだろうか。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら