経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

企業成長のカギとして注目される、社内コミュニケーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IT化が進み、社内の情報伝達が便利に行えるようになっている世の中だが、ツールが発達すれば社内コミュニケーションがうまく行くかと言えば、そうでもない。各機関が行う、職場におけるコミュニケーションに関する調査を紐解いていくと、社員の力を最大限に引き出すためのポイントが見えてくる。

情報共有がコミュニケーションと思ってはいないか

HR総研(ProFuture株式会社)が2017年9月に実施した「社内コミュニケーションに関するアンケート」では、「社内のコミュニケーションに課題があると思うか」との問いに対し、約8割の企業が、「課題を感じている」と回答し2016年に実施した調査とほぼ同じ結果となった。また、「コミュニケーション不足は業務の障害になるか」の質問にも、実に96%が「そう思う」と答えており、コミュニケーションの充実度が、組織の活性化や生産性の向上に欠かせない要素となっていることが伺える。

アンケート結果を分析すると、社内の情報伝達手段として最も多いのはメールで、イントラ(社内掲示板)を利用する企業も少なくない。一方で、そうしたツールの使用で「情報発信=情報共有」となっていて、コミュニケーションが一方通行化し対面での会話が減少していることを課題に挙げる声も多い。
ITツールを活用することで、情報の伝達はできているのかもしれないが、「業務上必要な情報を共有することと、社内コミュニケーションが充分にとれていることは別」と感じている人が多いようだ。
コミュニケーション不足を感じる中で、社内コミュニケーションの活性化に効果があった施策を回答する設問では、「運動会・スポーツ大会」がトップとなった。フリー記述では、経営層との定期ミーティングの効果を挙げる声や、若手同士といった横の繋がりを持つ機会を創出しているとの回答が挙がるなど、各社様々に対面でのコミュニケーション活性化に注力していることがわかる。

上司との良好なコミュニケーションが部下の好パフォーマンスを生み出す

同アンケートによると、社内コミュニケーションにおいて、課題を感じる箇所のトップ回答は「部門・事業所間」で、セクショナリズムの課題が伺えるが、「経営層と社員」「部長とメンバー」「課長とメンバー」のように、「上司と部下」の壁を課題に挙げる意見も目立つ。これは直属の上司との間に期待されるコミュニケーションの量や質が、十分でないことを表しているのではないだろうか。

働き方や働くことへの価値観が変化している現代においては、上司とのコミュニケーションが、社員のモチベーションやパフォーマンスに大きく影響してくる。そして、上司との関係を良好と感じる要素の一つには、会話の充足度が挙げられる。コーチング研究所が行った「組織とリーダーに関するグローバル価値観調査2015」では、会話の充足度が高いほど、関係が良好と感じるというデータが示されている。
また、充足度を左右する会話の質については、「上司と部下のどちらが長く話しているか」が関係しているとされており、上司が話している時間の方が長いと充足度は低くなることが明らかになっている。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら