経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

LGBT就活が話題、ダイバーシティ時代における取り組みの重要性とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人材確保と企業イメージの向上につながるダイバーシティ強化

しかし一方で、日本企業では、まだLGBTに対する理解は低いという声があるのも事実だ。
LGBT就活のイベントが盛り上がりを見せるのは、現場で苦しんでいる人が多いことへの裏返しとも言えるだろう。ただ、ダイバーシティの波は確実にやってきており、企業があらゆる従業員が働きやすい職場作りに気を配るのは、これからの時代を生き抜いていく上で、もはや必要不可欠な課題となっている。

性的マイノリティ故に「己」を見つめることに長けていて、将来への不安から勉学に励む傾向のあるLGBTの人の中には、優秀な学生が多いとも言われている。LGBTへの理解を勧めず、ダイバーシティへの取り組みをおろそかにしている企業は、優秀な人材を採り逃すことにもなりかねない。

LGBT就活イベントなどで、セクシュアリティに捉われない人材採用やマイノリティを認める環境作りに取り組み、それを企業メッセージとして発信することは、将来の優秀な人材や社会に向けての大きなアピールになる。
ダイバーシティ促進やコーポレートブランディング向上といった背景を追い風に、企業のLGBTへの取り組みがますます進みそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら