経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

30、40代ビジネスパーソンから見た『仕事ができない若手社員の特徴』 受け身、自主性、積極性の欠如

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 組織や人材に関する各種アセスメント、コンサルティング事業を行う、株式会社マネジメントベースは、30代、40代のビジネスパーソンを対象に同じ職場で働いたことのある25歳から34歳までの若手社員についてインターネット調査を実施し、一緒に仕事をして感じている「仕事ができない若手社員の特徴」を発表した。

 今回の調査対象は、過去3年間に25歳から34歳までの若手社員と同じ職場で働いたことのある30代、40代の会社員・公務員7,924名。この内、仕事ができない若手社員がいると回答した2,564名に対して、まず、「そう感じられた理由の内、最も問題である点ひとつ」について自由記述形式で質問、回答結果を分類、カテゴライズした。回答は「受け身、自主性・積極性がない」などマインドに関するものが最も多く、「仕事が遅い・要領が悪い・ミス不注意が多い」「報連相がない、コミュニケーション能力が低い」「やる気・モチベーションが低い」「仕事の覚えが悪い、理解力が低い」と続いた。

 さらに当該若手社員に関し、「自分自身が“仕事ができない”事を認識して(気づいて)いるか?」または「その現状を改善しようとしているか?」について5択で質問したところ、44%が「自己認識していない」と回答。周囲の自分への評価の低さを自己認識していないことが分かった。改善の努力については、51%が「改善の努力をしていない」と否定的で、今後、30代、40代となって企業のリーダーシップを担うことになる若手社員のこうした現状は、人事にとって大きな課題となりそうだ。

 東京大学の中原淳氏は、著書「フィードバック入門」の中で、「2000年代に企業で広まったコーチングの考え方により、本人の気付きを重視するあまり、言うべきことをしっかり言うという文化がおざなりになった」「ハラスメントに対する意識が過剰に高まり、上司たちはパワハラといわれることや、部下を傷つけるかもしれないことを言って後々問題になることを恐れている」等を指摘。上司は部下にもっと耳の痛いフィードバックをして、部下と職場を立て直すべきだと説いている。

 自身の仕事に対する態度や周囲の評価の低さを自覚していない若手社員が、このまま何も対策を講じないまま、30代、40代の中堅となれば、昇進や昇格、年収、賞与などに同期社員との大きな格差を生み、その時になって改善を試みてもすでに遅い可能性もあると同調査では強調しており、今後は、上司によるフィードバックの強化、または、若手社員自身が、客観的な自己把握の努力が必要であると結んでいる。調査を発表したマネジメントベース社では若手社員が自分の置かれた状況を客観的に把握・分析し、仕事力向上を直接的にサポートするアフターファイブ型のビジネススクールを開校し、若手社会人の後押しをするという。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら